本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



《安田美沙子の涙の裏にあった「切迫出産」の辛い経験》元所属事務所との泥沼裁判で明かしていた「送られてきた“夫と不倫相手との生々しいLINE”」
《ただあの、これだけは一つ言っておくけど、辞めといてどっかにポンと入ると揉めますよこれは。これはもう黙っていない》 これは、昨年6月23日に東京地裁の法廷で「和解」が成立した、ある民事裁判の資料に記された一節である。 資料によると、このやり取りは、《被告会社代表者》から《被告下鳥美沙子》に向けられた...
別窓で開く


<前へ1次へ>