本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今年も人気は継続!押さえておきたい2022年のバイク業界注目トピック5選
【2022年人気アイテム総まとめ】密を避ける趣味や移動手段として、新しいライフスタイルの広がりとともに訪れたバイクブーム。その傾向は、2022年も継続どころか加速しているようで、新たに免許を取得する人や、久しぶりにバイクにリターンするライダーも増えています。...
別窓で開く

中古バイクが価格高騰中!だけど50万円以下で狙える400ccクラスのモデル7選
近年のバイク人気の高まりは相当なもので、250cc以下の軽二輪だけでなく、251ccを超える小型二輪の売上も好調。2022年上半期の新車販売台数は5万台を超え、前年同期比で32%オーバーと大幅に増えています。ただ、コロナ禍によって各メーカーとも生産は影響を受けており、納車はスムーズにできていないのが...
別窓で開く

Dトラッカーが帰ってきた!? とにかく“遊べる”カワサキ「KLX230SM」【青木タカオの二輪語ルシス】
【青木タカオの二輪語ルシス】走り出しても話し出しても止まらない激アツモータージャーナリスト・青木タカオ氏が、毎月気になるバイクをトコトン語り尽くす。今回もカタルシスを感じるまでまで存分に語ります!*  *  *モータージャーナリスト 青木タカオ氏バイクが好きすぎて専門誌の編集部員となり、その後独立し...
別窓で開く

ついに生産終了…。教習所からレースまで活躍した「CB400 SUPER FOUR」を振り返る
年々厳しくなるバイクの排ガス規制によって、これまでも多くのモデルが姿を消してきましたが、ついに教習車などで慣れ親しんだ人も多いホンダの「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D’OR」の生産終了がアナウンスされました。...
別窓で開く

バイクツーリングに最適な全国絶景スポット6選&注目ニューモデル6台【安くても傑作モノ】
【安くても傑作モノ】いよいよツーリングに最高の季節が到来! せっかく行くなら美しい景色を存分に楽しみたいもの。そこで全国の絶景スポットをバイクで走り回っているモータージャーナリストの青木タカオさんに、オススメのスポットとバイクを聞いてみた。*  *  *景色を楽しむならクルマでもいい。確かにその通り...
別窓で開く

カワサキ「Z」の血統を継ぐ新モデルは650cc!火の玉カラーの記念モデルも同時発売だ!
2018年のデビュー以来、売れに売れまくっているカワサキ「Z900RS」。往年の名車「Z1」に通じるデザインがバイクファンのハートをガッチリつかみました。そして4月28日には、その弟分とも言うべき「Z650RS」(101万2000円)が発売になります。...
別窓で開く

カワサキ「Z650RS」発表 Z900RSに続く新たなレトロスポーツ 日本で展開
軽いので押し歩きもラクだとか?「Z」の新型きた! 川崎重工業は2021年9月28日(火)、650ccの新型バイク「Z650RS」2022年モデルを、この秋から日本含む導入国で順次発売すると発表しました。 Z900RSに続く新たなレトロスポーツモデル。よりコンパクトな車体に、エンジンは水冷4ストローク...
別窓で開く

ブームの頃と何が変わった?今ドキのビッグスクーター注目モデル7選
今から20年ほど前から始まり、2000年代のバイク業界を席巻したビッグスクーター。国内メーカーは個性的なモデルをラインナップし、さらにそれらにカスタムを施したスクーターが、そこかしこを走っていました。このブームは海外にも伝播し、“Maxi Scooter”なんて呼ばれて人気を集めました。...
別窓で開く

レーサーレプリカ世代におすすめ!ストリートファイターバイク10選
1980〜90年代のレーサーレプリカブームを知っている世代なら、自身が乗るバイクを選ぶとしても走りのスペックには妥協したくないと考えているのではないでしょうか。とはいえ、その世代は既に40代。前傾姿勢のキツいフルカウルのスーパースポーツを乗りこなすのは、肉体的に結構ハードになってきています。かく言う...
別窓で開く

イタリア生まれの個性派!ベネリ「TNT249S」はマルチに使えるスポーツネイキッド
JAIA(日本自動車輸入組合)が世界の注目モデルを一堂に集めて開催する“JAIA輸入二輪車試乗会”。先頃開かれた同イベントで「コレは思わぬ掘り出しモノでは!?」とジンワリうれしくなったのが、ベネリの「TNT249S」。2021年、再び日本の地を踏んだ注目ブランドの魅力と、最新ネイキッドバイクの実力を...
別窓で開く


<前へ12次へ>