本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ガーシー大ピンチ! SNS凍結祭りは楽天・三木谷社長が原因?
(C)Sulastri Sulastri / Shutterstock 暴露系ユーチューバーの〝ガーシー〟こと東谷義和氏が7月4日、インスタグラムの生配信をブロックされたことに怒りの声を上げた。参議院選挙に出馬中の東谷氏は、この日、インスタグラムで生配信を予定していたが、なぜか〝ライブ配信のシェアが...
別窓で開く

観光客の目の前でサメに襲撃され死亡した68歳女性、目撃者ら「手脚をちぎられて声も出ていなかった」(エジプト)
エジプト東部、紅海に面する人気リゾート地のビーチで今月1日、68歳の女性がサメに襲われた。襲撃は家族を含む多くの観光客の目の前で発生し、現場は一時騒然となった。事故の詳細を『The Sun』などが伝えている。紅海沿岸に位置するビーチリゾート「サールハシーシュ(Sahl Hasheesh)」で1日、エ...
別窓で開く

楽天・三木谷社長ブチ切れも…「沈黙は金」「M社長としか明かしてない」
(C)Sulastri Sulastri / Shutterstock『楽天グループ株式会社』の代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が6月27日、自身のツイッターを更新。暴露系ユーチューバーの〝ガーシー〟こと東谷義和氏にブチ切れ、話題になっている。...
別窓で開く

2022年上半期「最も活躍した芸能人」10組を発表【モデルプレス独自調査】
【モデルプレス=2022/06/24】モデルプレスでは「2022年上半期、最も活躍したと思う芸能人は?」をテーマにWEBアンケートを実施。読者から寄せられた説得力ある声を参考に、モデルプレス編集部の審査、「モデルプレス」内での記事露出回数などを加味し、10組を発表する。...
別窓で開く

ウクライナ戦争が引き起こす「ドローン・パンデミック」とは?
週刊プレイボーイでは数回にわたり、ロシア軍相手に絶大な効果を上げているウクライナ軍のドローン戦術について記事にしてきた(『「ドローン戦術」強さの理由』(17号)、『ウクライナ軍「反転攻勢」の新・ドローン戦術!!』(24号)など)。ウクライナにおける無人ドローンの有効性に目を付けた各国軍隊や武装組織、...
別窓で開く

ウクライナ情勢は「今日が勝負」 中村逸郎教授が読む今後の見通し
ロシア政治が専門の筑波学院大学・中村逸郎教授が6月8日(水)、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。今後のウクライナ情勢の見通しについて「今日が勝負」と述べた。...
別窓で開く

博士号を取得しても浮浪者を追い払う仕事しかない 「天安門事件」から33年、中国の実情
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。天安門事件から33年を迎える中国の国内情勢について解説した。19日、ビデオメッセージを発表する習近平氏。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は19日、新興5カ国(BRICS)外相会議の開幕式で...
別窓で開く

ロシアのウクライナ侵攻は「まだ3回裏が終わったところ。4回表からロシアは本気になる」元内閣官房副長官補・兼原信克氏が分析
元内閣官房副長官補で、同志社大学特別客員教授の兼原信克が5月30日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによる軍事侵略開始から3か月が過ぎたウクライナ情勢について分析した。...
別窓で開く

「和平しても侵略が延期になるだけ。ロシアは完璧に準備する。今回の戦争で徹底的に勝つしかない」キーウ出身 国際政治学者・グレンコ・アンドリー氏
ウクライナの首都、キーウ出身の国際政治学者グレンコ・アンドリー氏が5月24日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによるウクライナへの軍事侵略についてコメントした。...
別窓で開く

トム・クルーズが長く続くコロナ禍の鬱憤を晴らす!アン・ハサウェイ、アンソニー・ホプキンス共演の話題作にも注目!【カンヌ映画祭レポート】
『トップガン マーヴェリック』上映後の花火大会(撮影:筆者)■カンヌは“戦争の影響を受けやすい”映画祭75回の記念の年を迎えたカンヌ国際映画祭。正式な第1回は1946年だが、実は1939年から開催される予定だった。が、オープニングの日にドイツ軍のポーランド侵攻が始まり、映画祭どころではないと中止に。...
別窓で開く


<前へ12次へ>