本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


 厚生労働省では、令和4年12月20日、労働経済動向調査(令和4年11月)の結果を取りまとめ、公表した。 調査結果のポイントは以下の通り。...
別窓で開く

 厚生労働省は、令和4年12月20日、令和4年上半期「雇用動向調査」の結果を取りまとめ、公表した。 「雇用動向調査」は、全国の主要産業の事業所における入職者数・離職者数、入職者・離職者の性・年齢階級、離職理由等の状況を明らかにすることを目的に、上半期と下半期の年2回実施されている。...
別窓で開く

中小企業のための「障害者雇用支援フェア」開催 著名人による講演やバーチャル空間でのミニセミナーなど
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は中小企業のための「障害者雇用支援フェア」オンライン開催についてや、四つの都立公園と東京メトロが連携した「紅葉満喫スタンプラリー」を紹介しました。...
別窓で開く

<韓国旅行>済州神話ワールドでことしもカウントダウンパーティーを開催…「KOYOTE」や「NORAZO」などの公演も
韓国最大の複合リゾート「チェジュ(済州)神話ワールド」が一年の終わりと新年の始まりを祝うため、特別なフェスティバルを準備していると21日、明らかにした。オープンしてから毎年、年末になるとカウントダウンパーティーを開催してきた済州神話ワールドは、ことしも2023カウントダウンパーティーを開催する。...
別窓で開く

 厚生労働省は、労働経済動向調査(令和4年8月)の結果を取りまとめた。 調査結果のポイントは以下の通り。...
別窓で開く

「35歳転職限界説」は過去の話?転職で年収アップした35〜54歳は約3〜4割
− 35〜54歳のミドル層の転職理由や賃金の増減も詳しく見る −「35歳を過ぎると好条件での転職は難しい」「35歳を超えて転職すると、待遇が前職よりも一般的に悪くなる」近年においても「35歳転職限界説」が話題に挙がる機会は多く、ミドル層は転職市場で不利といった見方をする人も少なくないと見受けられます...
別窓で開く

雇用調整助成金の支給額は6兆円超に。10月以降は上限引き下げへ
− 雇用調整助成金の支給決定件数は700万件超に −厚生労働省は2022年8月31日、雇用調整助成金の特例措置について、助成金の上限を引き下げる事を公表しました。これまでは、直近3か月の平均の売り上げがコロナ禍前と比較して30%以上減った企業などへの助成金は、現在の1万5000円(1人あたり日額)か...
別窓で開く

平均年収が30年以上変わっていない日本。秋の転職で年収アップを狙うポイントとは
9月になり、前期末で忙しくしている方も多いでしょう。実は秋が転職活動に有利な時期なのはご存じでしょうか。日本はバブル崩壊以降、平均年収がほぼ変わっていません。賃金アップを狙って転職するには、しっかりした事前準備をしなければ難しいのです。今回の記事では、日本人の平均年収について掘り下げ、少しでも賃金ア...
別窓で開く

雇用調整助成金の特例措置、10月以降は上限引き下げに。支給額は6兆円超
− 雇用調整助成金の支給決定件数は700万件超に −厚生労働省は2022年8月31日、雇用調整助成金の特例措置について、助成金の上限を引き下げる事を公表しました。雇用調整助成金は、コロナ禍の影響で「事業活動の縮小」を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、「雇用調整(休業)」を実施する事...
別窓で開く

35歳でも残り35年間…70歳代前半で3人に1人が働く時代、年代別の転職比率はどれくらいか
− 年代別の転職者比率に変化はあるのか −一昔前には「35歳転職限界説」がさけばれ、また昨年は「45歳定年制」が話題となりました。一方で2021年4月より高年齢者雇用安定法の改正が施行され、70歳までの定年引き上げや継続雇用制度の導入などが努力義務となっています。...
別窓で開く


[ koyo ] の関連キーワード

norazo koyote