本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



マスターピースの新作バッグ「茶鞄 sa-hou」でお茶の世界を身軽に愉しむ
ジャパンメイドにこだわるバッグブランド「master-piece(マスターピース)」の新作バッグ「茶鞄 sa-hou」(1万7050円〜2万6400円)が11月4日に発売されます。コンセプトは、“淹れて、運んで、お茶を愉しむ” 。京都を代表する日本茶専門店「一保堂茶舖」協力のもと、京都のお茶のある生...
別窓で開く

育児休業を取ると年金が減ると聞きました。本当ですか?【知らないと損する年金講座】
− 育休でもらえるお金・免除される保険料とは −産前産後休業・育児休業は、育児をしながら働く人が、生活と仕事を両立できるよう支える大切な制度です。この制度では、毎月の健康保険料や厚生年金保険料などが免除されるといったメリットがあります。しかし、「厚生年金を負担しないのは助かるけど、その分将来の年金額...
別窓で開く

【介護保険】「要介護認定」を受けるにはどうしたらいい? 申請〜認定の流れを確認
− 更新申請や区分変更申請についても紹介 −「日常生活に手助けが必要となった」「現在入院しているが、退院したらヘルパーさんに手伝ってもらいたい」親や自分がこのような状況となった時、介護保険のサービスが思い浮かぶのではないでしょうか。介護保険のサービスを利用するには、お住まいの市区町村に申請して、要介...
別窓で開く

4月から「男性育休」が義務化。4つの改正ポイントを施行期日ごとに解説
2022年4月以降に男性育休の取得が義務化され、今後は有期雇用労働者の育休取得要件緩和や「産後パパ育休」の取得など、柔軟に育休が取得できる環境が整ってきます。これまでは会社に妊娠を報告した際、女性は育休取得の有無を聞かれていましたが、男性はお祝いの言葉だけで終わるケースが多かったと思います。しかし2...
別窓で開く

「介護費用」誰が出す?子が出すパターンは危険も!親の資産を知っておこう
2025年には4人に1人が75歳以上の後期高齢者になる世の中が迫っており、介護問題はいま以上に身近な問題となります。介護問題で特に頭を悩ますのが「お金の問題」。介護費用はいくら用意したらいいのか、介護費用を子どもが負担するとどのような問題があるのか、「介護とお金の問題」についてご説明します。今から準...
別窓で開く

【子育て・住宅・医療介護】政府の公的支援制度を一気にまとめて解説!
梅雨も本格化が進む6月、じめじめして重たい時期に届く税金の案内。住民税はもちろん、自動車税や固定資産税など、あまりうれしくない「手紙」が次々届く時期です。このうえ、昨今のコロナ禍もあり先の見えない時代。少しでも余裕を持って生活していきたいもの。そこで今回は、政府の支援制度をまとめてご紹介。子育てや住...
別窓で開く

【最大60万円】結婚助成金とは?もらえる条件をチェック!
6月に結婚する花嫁は幸せになれる。古くからヨーロッパで言い伝えられてきた「ジューンブライド」の季節がやってきました。コロナ禍ではあるものの、結婚を考えるカップルも多くいらっしゃることと思います。そんなおめでたい結婚ですが、結婚式や新婚旅行、新居の準備など、なにかとお金がかかりますよね。費用の工面にお...
別窓で開く

出産にかかる費用は約45万円?もらえる手当や金額もまとめて解説!
6月に結婚する花嫁は幸せになれる。古くからヨーロッパで言い伝えられてきた「ジューンブライド」の季節がやってきました。コロナ禍ではあるものの、結婚を考えるカップルも多くいらっしゃることと思います。そして結婚のあとには、「いずれ子どもができて、子育てもして…」と計画している人も多いでしょう。そこで今回は...
別窓で開く

「コロナ対策リーダー」とは? 店内の感染防止策を徹底を目指す新たな取り組み
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は飲食店などの施設を対象とした感染拡大防止のための「コロナ対策リーダー事業」についてや、沖ノ鳥島の重要性を知ることができる「沖ノ鳥島フォーラム」オンライン開催を紹介し...
別窓で開く

「お母さんが倒れると困る!」シングルマザーの仕事の選び方
離婚をした後、正社員に戻ってフルタイムで働いたり、パートを掛け持ちしたりと、収入のためにがむしゃらに働く女性は少なくありません。しかし、厚生労働省の「平成28年度 全国ひとり親世帯等調査結果報告( https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/00...
別窓で開く


<前へ12次へ>