本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「最高だ」トヨタ自動車が、名門ローマとグローバルスポンサー契約を締結! “TOYOTA”ロゴ入り練習着に大反響「来日するの?」
 現地時間8月17日、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるセリエAのローマは、日本企業トヨタ自動車と新たなスポンサー契約を締結したことを発表した。契約は2年間で、3年目の延長オプションがついている。総額は約200万ユーロ(約2億8000万円)と見られる。...
別窓で開く

ローマがトヨタとスポンサーシップ締結! 練習着にロゴ掲出
ローマは17日、トヨタグループとのスポンサーシップ締結を発表した。 トヨタは新たにローマのメイングローバルパートナーとなり、ローマの男女全チームのトレーニングキットに同社のロゴが掲出される。また、トヨタグループはトヨタとレクサスの電気自動車をクラブに提供し、同社ブランドのKINTOはローマの新しいモ...
別窓で開く

KINTO、中古車サブスクを開始 東京都から
 KINTOは27日、中古車のサブスクリプションサービス(以下、サブスク)を開始した。既存の新車のサブスクでユーザーが使用したクルマを活用したもので、先ずは東京都から開始し、今後エリアを拡大させる予定だ。【こちらも】トヨタ、新型クラウンを世界初公開 第1弾クロスオーバーは2022年秋発売 サブスクリ...
別窓で開く

欲しかった新車…購入後に「後悔したこと」を大調査!
株式会社KINTOは、10年以内に新車を購入した方550人を対象に、「新車の機能・スペック」に関する後悔調査を実施。このたび、その調査結果を発表しました。大きな買い物の一つである新車の購入。期待が大きいだけに、いざ納車した後に「こうしておけば良かった」と後悔する人も多いのではないでしょうか。...
別窓で開く

トヨタ初の量産EV「bZ4X」のサブスク月額料金は8万8220円! 賢く乗る方法とは?
トヨタ初の量産EV「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」について、サブスクリプション(定額制)サービス「KINTO」での販売価格を月額8万8220円(税込)からと発表した。この料金はお得なのか? 賢く利用する方法は? 自動車専門誌『月刊くるま選び』の元編集長でカーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏...
別窓で開く

トヨタで一番コンパクトなSUV「ライズ」 人気の理由は?燃費や価格が秘訣に
− トヨタライズの特徴とは −トヨタのSUVは、本格オフローダーのランドクルーザーを頂点に、ハリヤー、RAV4、カローラクロスなど、様々な種類のSUVをラインナップしています。その中でもライズは、トヨタブランドのSUVの中で一番コンパクトなデザインを採用したSUVとして知られています。...
別窓で開く

日産の新フラグシップEV「アリア」の販売状況を担当者に聞いてみた!
木村拓哉さんの出演するテレビCMが話題を集めている日産のフラグシップEV「アリア」。ぶっちゃけ、販売状況はどうなの? そこで、自動車専門誌の元編集長でカーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が、アリアのマーケティングを担当している日産の織田康宏氏を直撃した。■特別仕様車は約6800台を受注−−日産の新...
別窓で開く

トヨタEV「bZ4X」5月ついに発売 600万円〜 異例の販売法で「購入」不可
箱根駅伝で走っていたアレです。販売方法も新しいトヨタのBEV「bZ4X」 トヨタは2022年4月12日(火)、新型電気自動車(BEV)「bZ4X」を5月12日(木)から発売すると発表しました。 スバルと共同開発したミディアムセグメントSUVのBEVで、今後トヨタがグローバルに展開していく「bZ」シリ...
別窓で開く

往年のモテ車「ソアラ」、わナンバーに KINTOで始まった旧車レンタルがアツい!
1982年式の初代!旧車を楽しむ「Vintage Club by KINTO」始動 トヨタ車のサブスクリプションサービスなどを提供するKINTOは2022年4月6日(水)、旧車コミュニティ「Vintage Club by KINTO」を立ち上げたと発表しました。モビリティサービスサイト「モビリティマ...
別窓で開く

購入済みのクルマ「進化」させます! トヨタがサービス開始 安全機能も後付け可
けっこう古いクルマにもアップグレードメニューが!トヨタの挑戦 新サービス「KINTO FACTORY」 トヨタと子会社のKINTOが2022年1月28日(金)より、新サービス「KINTO FACTORY」を、東京と静岡の一部トヨタ店・レクサス店にて開始しました。...
別窓で開く


<前へ12次へ>