本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



仕事の視野を広げるには読書が一番だ。書籍のハイライトを3000字で紹介するサービス「SERENDIP」から、プレジデントオンライン向けの特選記事を紹介しよう。今回取り上げるのは後藤宗明著『自分のスキルをアップデートし続ける リスキリング』(日本能率協会マネジメントセンター)——。■【イントロダクショ...
別窓で開く

2023年のキーワードは「DX」「GX」「リスキリング」...その本質は「顧客価値の向上」 だが、なぜいまなのか?(大関暁夫)
読者の皆様、遅ればせながら本年もよろしくお願い申し上げます。さて年初に当たり今回は、昨年の企業経営を巡る情勢を象徴するトレンドキーワードから、本年企業経営者が改めて念頭におき行動に移すべきことを整理してみたいと思います。■言葉の意味、正しく理解している?まずなんと言っても、長引くコロナ禍で今年も引き...
別窓で開く

日本に迫り来る「大失業時代」の恐れ…仕事を“失う人”と“生き抜く人”の決定的な違いとは
「米国IT大手企業の大量解雇」が話題になっています。テスラ創業者のイーロン・マスク氏が買収したツイッター社の衝撃的な半数解雇をはじめとして、メタ(旧フェイスブック)は全従業員の13%にあたる1万1000人超を解雇。ネット通販最大手のアマゾンも、ボーナス商戦という一番の稼ぎ時にも関わらず1万人規模のリ...
別窓で開く

仕事に必要なスキル学び直す「リスキリング」...熱心な企業とダメな企業に広がるギャップ、その差は「社内デジタル革命」にあり!
働く人が業務に役立つスキルや知識を学び直す「リスキリング」が盛んになっている。従業員も企業も、リスキングなしでは生き残れない時代がやってきたようだ。そんななか、リスキングに取り組む企業と取り組まない企業の間で、ギャップがあることが、帝国データバンクが2022年11月28日に発表した「特別企画 :リス...
別窓で開く

流行語大賞30語、女性に聞いた「知らないよ」ランキング!村神様は何位?
今年も『現代用語の基礎知識選 2022ユーキャン新語・流行語大賞』の季節がやってきました。例年通り30語がノミネートされましたが、“こんなの知らないよ”というワードがけっこうありますねぇ。 そこで去年に続き今年も30代40代の女性にアンケートを実施(※)。もっとも認知度の低い言葉はどれだったでしょう...
別窓で開く

「〇〇くない」が日常の話しことばを大きく変える可能性も。三省堂辞書のプロが選んだ「今年の新語」2022
「だれでもできるくない?」「もう勝ったくないですか?」  「〇〇じゃない(ですか)?」と相手に同意を求めるとき、最近では「く」を使うらしい。大人世代の中には若干イラッとする方もいるかもしれないが、「〇〇くない」という「く」の使い方は、すでに市民権を得つつある。なんと、辞書に載るかもしれないのだ。...
別窓で開く

政府が行うべき経済対策の財源は「これだけある」 高橋洋一が指摘
作家で自由民主党・参議院議員の青山繁晴と、数量政策学者の高橋洋一が10月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。世耕参議院幹事長が発言した自民党の総合経済対策について解説した。...
別窓で開く

雇用状態など都民生活向上のための基礎資料となる『経常3調査』にご協力を!
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は東京都と総務省統計局が定期的に行っている「労働力調査」「家計調査」「小売物価統計調査」のに経常3調査ついてや、都政の課題解決に向けた製品などのピッチイベント「UPG...
別窓で開く

円安だけでなく「価値観の安い日本」への懸念 まるで「30年前のアメリカのよう」
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が10月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。円安水準を更新する円相場について解説した。...
別窓で開く

支持率低下の岸田総理が狙う「2023年5月以降に解散」の根拠
ジャーナリストの鈴木哲夫が10月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。自民党が了承した衆院小選挙区を「10増10減」する公職選挙法改正案について解説した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>