本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コヨーテの群れに襲われた牧場の羊、番犬が8匹を噛み殺して返り討ちに(米)
アメリカの農場で飼われている羊がコヨーテの群れに襲われ、番犬が羊たちを守るようにしてコヨーテに飛びかかった。合計8匹のコヨーテを噛み殺した犬は残りのコヨーテを追いかけて行方不明となっていたが、2日後に自ら戻ってきた。しかし酷い怪我をしていたため、すぐに動物病院へ運ばれて手当を受けたという。『New ...
別窓で開く

仕事に必要なスキル学び直す「リスキリング」...熱心な企業とダメな企業に広がるギャップ、その差は「社内デジタル革命」にあり!
働く人が業務に役立つスキルや知識を学び直す「リスキリング」が盛んになっている。従業員も企業も、リスキングなしでは生き残れない時代がやってきたようだ。そんななか、リスキングに取り組む企業と取り組まない企業の間で、ギャップがあることが、帝国データバンクが2022年11月28日に発表した「特別企画 :リス...
別窓で開く

珈琲とエナジードリンクのいいとこ取りで“眠気を殺す”缶コーヒー誕生! サントリーが「KILLER COFFEE」を本日6日(火)発売〜コーヒー由来のカフェインを豊富に含み、しっかり覚醒させるような味わい
 サントリー食品インターナショナルが、“眠気を殺す”(強い苦味や甘みによって、眠気を覚ます)缶コーヒーとして「KILLER COFFEE(キラーコーヒー) 覚醒ビターBLACK」と「同 覚醒スイートLATTE」を、2022年12月6日(火)に発売します。いずれも245g缶で、価格は各144円(税...
別窓で開く

BiSH、12作品コンプリート特典“特別賞”として日比谷野音『BiSH 解散パーチー 中夜祭』開催発表
BiSHが、2023年1月7日(土) にフリーライブ『BiSH 解散パーチー 中夜祭』を日比谷野外音楽堂にて開催することを発表した。本ライブは、2022年1月より12カ月連続リリースされたタイトル12作品を全てコンプリート購入した人のみが抽選応募できる「12作品コンプリート特典」の“特別賞”として企...
別窓で開く

専門的なプログラミング知識がなくても2週間でスキルを身につけ就職まで駆け抜ける!「ローコードによるアプリ作成スキル習得支援」
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は都が行う新規事業「ローコードによるアプリ作成スキル習得支援」受講者募集についてや、都庁南展望室元旦開室の初日の出観覧者募集を紹介しました。...
別窓で開く

オーイシマサヨシ、鈴木愛理、松平健ら総勢144名が出演 世界最大のアニソンイベント『アニサマ2022』Blu-ray発売決定
8月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間にわたり埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された世界最大のアニソンイベント『Animelo Summer Live 2022 -Sparkle-』(通称:アニサマ2022)のライブBlu-rayが、2023年3月29日(水) にリリースされること...
別窓で開く

16歳少年が13歳少女を殺害、友人に動画を送り遺体を見せる 友人の母親が通報
近年、少年犯罪が低年齢化し過激な内容の犯罪をする若者は世界的に目立ちつつある。海外では16歳の少年が殺人事件を犯し、その後友人に遺体を見せてあり得ないお願いをしたという。  アメリカ・ペンシルベニア州で、16歳の少年Aが13歳の少女を殺害。殺害後、Aは友人の10代の少女にメッセージを送り、遺体の動画...
別窓で開く

流行語大賞30語、女性に聞いた「知らないよ」ランキング!村神様は何位?
今年も『現代用語の基礎知識選 2022ユーキャン新語・流行語大賞』の季節がやってきました。例年通り30語がノミネートされましたが、“こんなの知らないよ”というワードがけっこうありますねぇ。 そこで去年に続き今年も30代40代の女性にアンケートを実施(※)。もっとも認知度の低い言葉はどれだったでしょう...
別窓で開く

なぜ、「正論」を主張しても、組織は1ミリも動かないのか? 人と組織を動かすためには、「上司は保身をはかる」「部署間対立は避けられない」「権力がなければ変革はできない」といった、身も蓋もない現実(人間心理・組織力学)に対する深い洞察に基づいた、「ヒューマン・スキル」=「ディープ・スキル」を磨く必要があ...
別窓で開く

「〇〇くない」が日常の話しことばを大きく変える可能性も。三省堂辞書のプロが選んだ「今年の新語」2022
「だれでもできるくない?」「もう勝ったくないですか?」  「〇〇じゃない(ですか)?」と相手に同意を求めるとき、最近では「く」を使うらしい。大人世代の中には若干イラッとする方もいるかもしれないが、「〇〇くない」という「く」の使い方は、すでに市民権を得つつある。なんと、辞書に載るかもしれないのだ。...
別窓で開く