本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プーチンの次女に“新しいパートナー”報道…気になる相手は「バレエ界のゼレンスキー」【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(ロシアのプーチン大統領の次女、カテリーナ・チホノワ(C)ロイター)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#64 ロシアのプーチン大統領が、目に入れても痛くないだろう次女カテリーナ・チホノワ。「アクロバットロックンロール」というダンスで表彰台に上った元運動少女で、その後は「モスクワ版シリコンバレー計画...
別窓で開く

軍艦級ヨット「シェヘラザード」がイタリアで差し押さえられたワケ【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(世界で13番目の大きさ(C)ロイター/Abaca Press)【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#63 その昔、人間不信の横暴な王がいた。妻に裏切られたことから、毎晩、新しい女性をめとっては殺す。何かの報復か、それとも被害妄想か。見かねた大臣の娘が名乗り出て、王の元へ。夜な夜な、物語を聞かせるこ...
別窓で開く

7月17日、ウクライナのゼレンスキー大統領は保安局長官(秘密警察長官)と検事総長という高官2人を「ロシアに協力する反逆行為が多数見つかった」という理由で解任した。一人はゼレンスキー大統領の幼なじみ、もう一人はロシアの戦争犯罪を捜査してきた女性だった。解任の背景には何があるのか。元外交官で作家の佐藤優...
別窓で開く

プーチン大統領はロシア国内では依然として高い支持率を誇っている。なぜロシア国民はプーチン大統領が好きなのか。テレビ東京の豊島晋作記者は「プーチン氏のプロパガンダがうまいだけではない。ロシア国民の多くは『強権的な独裁者のほうが、自由よりマシ』と考えているのだろう」という——。※本稿は、豊島晋作『ウクラ...
別窓で開く

ロシアのスパイか、亡くなった幼児の名前を使い35年間を過ごした夫婦が逮捕(米)
亡くなった幼児の名前を使って35年間を過ごしたアメリカ人夫婦が、なりすましの罪で起訴された。米政府の行き過ぎた捜査を批判している夫婦だが、彼らはロシアのスパイである可能性も指摘されており、捜査関係者によると「KGBの制服らしい姿の夫婦の写真」など多くの証拠が見つかったという。『CBS News』など...
別窓で開く

現代の皇帝プーチンが耳を傾ける側近 キリエンコ第1副長官に存在感【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
(“イエスマン”のセルゲイ・キリエンコ大統領府第1副長官(C)ロイター) われわれがのぞけないクレムリンの奥の院。世界を翻弄したロシアのプーチン大統領を、制御できる人物はいないものか。今回の有事の中、内部の様子が珍しく伝えられた。地方知事を定期異動させるための2022年9月の統一地方選に関し、シロビ...
別窓で開く

映画「戦争と女の顔」のプロデューサー「プーチンは看過できないのでしょう。それが史実でも」
■【特別インタビュー】A・ロドニャンスキー(ウクライナ出身の映画プロデューサー)(アレクサンドル・ロドニャンスキー氏(提供写真))《あなたの携わったすべての作品、仕事を国の現代文化から排除する》 ウクライナ侵攻のロシアはエンタメ関係者をも脅し、迫害している。...
別窓で開く

ロシアの暗部を熟知する“プーチンが最も恐れる男”が激白「彼は西側が折れてくるのを待っている」
 ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領が、最も危険視する人物がいる。新興財閥「オリガルヒ」の筆頭として知られる実業家、ミハイル・ホドルコフスキー氏(58)だ。 ホドルコフスキーはソ連崩壊後、ボリス・エリツィン時代の民営化で国有資産を買収し、1990年代に30代の若さでユーコスを設立。...
別窓で開く

ウクライナ侵略を草の根で支える「キリスト教ファシズム」とは 「プーチン藁人形」とモスクワの怪僧「KGB総主教」の接点
 千葉県松戸市の神社で「プーチン藁人形」が相次いで発見されたとの報道(https://mainichi.jp/articles/20220607/k00/00m/040/096000c)が波紋を広げています。 ロシア大統領のウラジーミル・プーチンの顔写真を貼りつけた「藁人形」が、胸や額に五寸釘を打た...
別窓で開く

破壊工作の工作員候補としてKGBがリクルートしたい人材とは?
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースで、改めて注目されたのがプーチン大統領が元KGBの諜報員だったという経歴だ。現在、ロシアとNATO諸国が衝突する危険性もあるが、20世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」から、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ソ連時代のKGBが立てていた破壊...
別窓で開く



<前へ123456次へ>