本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジョコビッチ、全米オープン欠場決定!新型コロナワクチン未接種でアメリカに入国できず断念<SMASH>
現地8月25日、男子テニス元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現6位)が自身の公式ツイッター(@djokernole)を更新。新型コロナウイルスのワクチン未接種による「全米オープン」(8月29日〜9月12日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート/グランドスラム)の欠場を正式に発表した。...
別窓で開く

ワクチン未接種のジョコビッチは可能性の少ない全米OP出場の準備をしながら吉報を待つ<SMASH>
現地7月30日、男子テニス元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現7位)が自身の公式インスタグラム(@djokernole)を更新。新型コロナウイルスのワクチン接種を終えていないことから欠場が見込まれている8月末開催の「全米オープン」(8月29日〜9月12日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコー...
別窓で開く

出場できる大会に制限があるジョコビッチがモンテカルロ大会会場での練習の様子を公開<SMASH>
新型コロナウイルスのワクチン未接種により、今季は出場できる大会が制限されている男子テニス世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。その彼が日本時間4月4日の未明に自身の公式ツイッター(@DjokerNole)を更新し、10日から開催される「モンテカルロ・オープン」(4月10日〜17日/モナコ...
別窓で開く

ジョコビッチ、米国入国ならずマスターズ2大会を欠場「出場できる可能性は低いと思っていた」<SMASH>
男子テニス世界ランク2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が現地時間3月9日に自身の公式SNSを更新。10日から開幕する「BNPパリバ・オープン」(3月10日〜20日/アメリカ・インディアンウェルズ/ハードコート/ATP1000)と、その翌週の「マイアミ・オープン」(3月22日〜4月4日/アメリカ・...
別窓で開く

試練のシーズンを送るジョコビッチが15年間師事したコーチと関係解消「彼がしてくれたこと全てに感謝している」<SMASH>
男子テニス世界ランク2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、長く自身のコーチを務めてきたマリアン・バイダ氏との契約を解消したことが明らかになった。 2006年から約15年にわたってバイダ氏の指導を受けてきたジョコビッチ。右ヒジのケガに苦しんだ17年シーズンに2人は一時的に解散したものの、翌18年に...
別窓で開く

全豪優勝&準優勝者を称えたジョコビッチに称賛の声続々「真のチャンピオン」「もっと尊敬されるべき」<SMASH>
男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、1月31日に自身のインスタグラムとツイッター(@DjokerNole)を久しぶりに更新し、全豪オープンの男女それぞれの優勝者と準優勝者を称えた。 オーストラリアの入国問題で世間をざわつかせたジョコビッチ。SNSでこの件に関する釈明と謝罪を12日...
別窓で開く

フェデラーとジョコビッチがナダルの四大大会21回目の優勝を祝福「この時代を一緒に過ごせたことを誇り」<SMASH>
現地時間1月30日に行なわれたテニス四大大会「全豪オープン」(1月17日〜30日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート/グランドスラム)の男子シングルス決勝は、第6シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク5位)が第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア/同2位)に2−6、6−7(5)...
別窓で開く

ジョコビッチが一連の“疑惑”に釈明。虚偽記載は「人為的なミス」、イベント参加は「後で陽性通知を受けた」<SMASH>
現地時間1月10日にオーストラリア入国可否を決める審理で勝訴し、拘留されていたメルボルンのホテルから解放された男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。その後、新たな疑惑が浮上し、本人が否定するなど、騒動はまだまだ続いている。...
別窓で開く

「喜びと感謝の気持ちでいっぱい」やっと入国できたジョコビッチが全豪の会場で練習。家族も会見し「キャリアで最大の勝利」<SMASH>
現地1月10日にメルボルンの連邦裁判所で行なわれたオーストラリアへの入国の可否を決定する審理で勝訴したノバク・ジョコビッチ(セルビア)。拘留されていた臨時施設からも解放された渦中の世界王者が同日に自身のSNSを更新し、1月17日に開幕する全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート/グラン...
別窓で開く

豪州のジョコビッチ入国拒否に海外メディアや選手が反応。「四大大会の開催資格はない」と痛烈批判も<SMASH>
医学的理由でのワクチン接種免除により全豪オープンの出場が認められたはずのノバク・ジョコビッチ(セルビア)。しかし、書類の不備による“オーストラリア入国拒否騒動”は、テニスファンのみならず海外メディアにも大きな衝撃を与えている。 スペインのテニス専門メディア『Punto de ...
別窓で開く


<前へ12次へ>