本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



徳光和夫さん、ヤクルトを破り2勝目を挙げた巨人・堀田賢慎を絶賛…「相当、今後の戦力になる」
 フリーアナウンサーの徳光和夫さんが6日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・午前5時)に生出演した。 番組では、5日のJERAセ・リーグで巨人が9—5でヤクルトを破った試合を報じた。 番組では巨人の勝利を報じるスポーツ報知の一面記事を紹介。...
別窓で開く

徳光和夫さん、5打席連続本塁打の村上宗隆を絶賛「生きているうちにこの新記録を目の当たりにするとは」
 フリーアナウンサーの徳光和夫さんが6日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・午前5時)に生出演した。 番組では、2日のJERAセ・リーグでヤクルトの村上宗隆内野手が中日戦(神宮)で5打席連続本塁打のプロ野球新記録を達成したことを報じた。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■金融界にデジタルトランスフォーメーション(DX)の大波「週刊ダイヤモンド」(2022年...
別窓で開く

イーロン・マスク氏の「予言」で議論再燃...東洋経済「人口減サバイバル」、ダイヤモンド「5年後の業界地図」、エコノミスト「資源ショック」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■参院選後には「年金危機」が迫っている「週刊東洋経済」(2022年7月9日号)の特集は、...
別窓で開く

ロシアで新会社設立され日本が緊張、一体何が?—中国メディア
2022年7月3日、中国中央テレビのウェブサイト中視網は、ロシアがある新会社を設立したことで、日本国内に衝撃が走っていると報じた。記事は、ロシアのプーチン大統領が6月30日、極東のエネルギー開発プロジェクト「サハリン2」の運営を行う新会社を設立する大統領令に署名したと紹介。...
別窓で開く

電力不足をどう補うか 〜「原発再稼働」というオプションがある日本
明海大学教授で日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男が6月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。千葉・姉崎火力発電所の運転再開について解説した。...
別窓で開く

アンモニアを燃料にして火力発電所を脱炭素化する——小野田 聡(JERA代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】
 ロシアのウクライナ侵攻でやや風向きが変わったとはいえ、欧州各国は電力供給源を風力や太陽光など再生可能エネルギーに転換しようとしている。いまや火力発電はすっかり悪玉だが、それを新技術でCO2排出ゼロにすべく挑んでいるのがJERAである。日本発「脱炭素火力発電」は世界を変えるか。...
別窓で開く

阪神 VS 読売の冠協賛試合 「auじぶん銀行DAY」を開催!
auじぶん銀行株式会社(以下、auじぶん銀行)は、5月20日(金)に阪神甲子園球場にて開催される「伝統の一戦〜THE CLASSIC SERIES〜 阪神タイガースVS読売ジャイアンツ」の試合に冠協賛し、「auじぶん銀行DAY」を開催する。...
別窓で開く

コロナ禍、デジタルで明暗分かれる来年の業界予測【12月は、2022年をのぞき見する一冊】
2021年も残り1か月を切った。昨年来のコロナ禍でさまざまな活動が「自粛」され、人々は悶々とした生活を送っている。夏に開かれた東京オリンピック・パラリンピックの代表選手や、米大リーグのロサンゼルス・エンゼルス、大谷翔平選手の大活躍に胸が熱くなり、救われた思いだった。さて、来る2022年、干支は寅。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。「週刊東洋経済」(2021年11月27日号)の特集は、「エネルギー危機が来る」。...
別窓で開く


<前へ12次へ>