本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「H3」1号機、15日に打ち上げへ…一部システムの不具合が解消
 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は9日、次期主力ロケット「H3」1号機を15日午前10時37分に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げると発表した。 1号機は、13日の打ち上げを目指して準備作業が進められていたが、6日までにロケットの一部のシステムに不具合が見つかり、打ち上げ日を「1...
別窓で開く

次世代国産ロケット「H3」1号機 打ち上げ延期へ 早ければ2/15
初モノが計画通り進まないのは“お約束”のようなもの。H3試験1号機では先進光学衛星「だいち3号」を打ち上げ JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)は2023年2月6日(月)、1週間後の13日(月)に予定していたH3ロケット試験機1号機の打ち上げを数日延長すると発表しました。...
別窓で開く

次期主力ロケット「H3」1号機、打ち上げ延期
 宇宙航空研究開発機構(JAXA=ジャクサ)は6日、鹿児島県の種子島宇宙センターで13日に予定されていた次期主力ロケット「H3」1号機の打ち上げを、15日以降に延期すると発表した。打ち上げ当日の風の状況を踏まえて飛行計画を更新するシステムに確認が必要になったという。...
別窓で開く

H3初打ち上げ、15日以降に=ソフトウエアに確認事項—JAXA
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、鹿児島県・種子島宇宙センターから13日に予定していた新型ロケット「H3」試験機1号機の打ち上げを15日以降に延期すると発表した。 JAXAによると、打ち上げ時の風の状況に応じて姿勢を制御するためのソフトウエアに確認すべき事項が生じたためだという。 【時事通信...
別窓で開く

1996年宇宙飛行士候補に選出され、国際宇宙ステーション(ISS)で日本人初の船外活動を行うなどさまざまなミッションを遂行してきた野口聡一宇宙飛行士。宇宙滞在期間は344日を超えており、2020年にはクルードラゴン宇宙船に搭乗し「3種類の宇宙帰還を果たした世界初の宇宙飛行士」として、ギネス世界記録に...
別窓で開く

サンドウィッチマンも大興奮!南極から中継で“一世一代の実験”を大公開
テレビ朝日の報道情報番組を中心に、地球レベルで大問題となっている「気候変動」をテーマに渾身の企画や特集を発信している集中企画「未来をここからプロジェクト×SDGs」第4弾——。この一大企画の目玉番組『発進!ミライクリエイター』が本日2月4日(土)に放送される。...
別窓で開く

「2030年までに月に家を建てる」南極で構想中の“月の家”が登場 『ミライクリエイター』第6弾
お笑いコンビ・サンドウィッチマンが司会を務める、テレビ朝日系特番『発進!ミライクリエイター』第6弾が、4日午後9時55分から放送される。 『南極からミライを変えるSP』と題した今回は、「南極」×「宇宙」がテーマ。現在、南極で注目されている研究が「宇宙(火星)」であり、南極から宇宙を目指す日本人ミライ...
別窓で開く

 打ち上げ後に姿勢を乱し、失敗したイプシロンロケット6号機について、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、姿勢制御装置に燃料を供給する配管が詰まったことが原因との見解を示した。同日開かれた文部科学省の部会で報告した。 イプシロン6号機は昨年10月、第2段エンジンの姿勢制御装置の1系統が正常に作動せ...
別窓で開く

■岸田首相は始終ニコニコ顔だったが…日本と米国が、「日・米宇宙協力に関する枠組協定」を結んだ。協定には、米国が主導する有人月探査「アルテミス計画」など、日本と米国の宇宙協力をスムーズに進めるためのさまざまな取り決めが盛り込まれた。宇宙での覇権を目指す中国への牽制になるとの期待が込められているが、これ...
別窓で開く

韓国より10年先を行く日本の宇宙技術、次世代ロケットH3の打ち上げには懸念の声もー韓国メディア
2023年1月23日、韓国・MBC NEWSは「日本は宇宙技術で相次いで世界初の成果を挙げ、宇宙強国の座についたが、3週間後に打ち上げられる次世代ロケットは大陸間弾道ミサイルに活用可能な技術であることから懸念の声も上がっている」と伝えた。20年12月、日本の探査機「はやぶさ2」が地球から約3億キロ離...
別窓で開く


[ jaxa ] の関連キーワード

ミライクリエイタ アメリカ