本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オカダ・カズチカが熱望したアントニオ猪木との“夢”は途絶える。それでも「燃える闘魂」は永遠に受け継がれる【追悼コラム】
10月1日、午前7時40分。新日本プロレスの創設者で、元プロレスラーのアントニオ猪木氏が亡くなった。享年79歳だった。 猪木氏の訃報はプロレス・ファンだけに留まらず、Twitterのトレンドでも「猪木さん」が1位となるなど、日本全土に広まった。...
別窓で開く

『プロレス総選挙』開票目前!プロレスガチファン芸人が選ぶ「本当にスゴいレスラー 俺のベスト5」
8月13日(土)放送の『ファン1万人がガチ投票!プロレス総選挙』。その開票を目前に控えた8月9日(火)、『お願い!ランキング presentsそだてれび』にて「プロレス総選挙!開票直前特別番組 現役プロレスラー!俺のランキング」が放送された。...
別窓で開く

新日本復帰のKUSHIDAが1本負け! 勝利の石森太二に後楽園のファンも拍手喝采「冗談じゃねぇ! IWGPジュニアは遠いぞ」
7月4日、新日本プロレスは、『NEW JAPAN ROAD』東京・後楽園ホール大会を開催。メインイベントでは、棚橋弘至&KUSHIDAと、KENTA&石森太二がタッグマッチで対戦した。 棚橋とKENTA、KUSHIDAとIWGPジュニアヘビー級チャンピオンの石森という二つの軸を持つこのタッグマッチは...
別窓で開く

WWE離脱のKUSHIDAが新日本に電撃復帰!IWGPジュニアヘビー級王者の石森太二「査定してやる」
新日本プロレスは21日、『NEW JAPAN ROAD』東京・後楽園ホール大会を開催した。 メインイベントでは、IWGPジュニアヘビー級選手権試合、チャンピオンの石森太二に、『ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.』三連覇の偉業を成し遂げた高橋ヒロムが挑戦したが、36分を超える死闘を制したのは石森だった。...
別窓で開く

KENTAの選択はバレクラ! ジェイはオカダに“馬鹿発言”。そして「俺が新グランドスラムチャンピオンになる」と宣言【新日本】
6月3日、新日本プロレスは、日本武道館でジュニア最強戦士決定戦『ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.29』(BOSJ)優勝決定戦を開催。大会の第7試合では、オカダ・カズチカ&矢野通&タマ・トンガ&邪道のCHAOS&G.o.D連合軍が、ジェイ・ホワイト&ドク・ギャローズ&石森太二&外道のバレットクラブと対...
別窓で開く

闘龍門再会大会第2弾開催にウルティモ・ドラゴン校長「ハッピーな気持ちでお客さんに帰ってもらいたい」
6月3日の『闘龍門、再会。vol.2』(東京・後楽園ホール)開催にあたり、ウルティモ・ドラゴン校長が口を開いた。...
別窓で開く

ジャンボ鶴田さん追善興行で引退試合を行うタイガー戸口「鶴田に捧げる試合にしたい」
31日に東京・後楽園ホールで開催される『ジャンボ鶴田23回忌追善興行』で引退試合を行うタイガー戸口が、引退試合に向けて口を開いた。当日は、ドラディションの藤波辰爾、フリーの谷津嘉章とトリオを結成。全日本プロレスの渕正信、フリーの越中詩郎、井上雅央のトリオと激突する。 戸口は1968年に日本プロレスで...
別窓で開く

衝撃の“マシンガン”再臨。NEVER初戴冠のタマをアンダーソンが急襲!「世界中の誰もが、俺たちこそ最強だと認めてる」
5月1日、新日本プロレスは、『レスリングどんたく2022』を21年ぶりとなる福岡PayPayドームで開催。第6試合では、NEVER無差別級選手権試合として、チャンピオンのEVILにタマ・トンガが挑戦した。【動画】戴冠に歓喜するタマを衝撃の襲撃! アンダーソンの元祖ガン・スタン 遺恨が深まっていた両雄...
別窓で開く

大仁田厚が再渡米!ECWアリーナでブリー・レイとハードコアマッチで対戦へ
邪道”大仁田厚が“米国のハードコアの聖地”ECWアリーナ(現2300アリーナ)に24年ぶりに凱旋を果たし、元ECW戦士のブリー・レイ(旧名ババ・レイ・ダッドリー)とハードコアマッチで対戦する。...
別窓で開く

長州との激闘は今も色褪せない。新日本プロレス50周年記念で“創立メンバー”藤波辰爾が語った新日への愛
3月1日の日本武道館大会で、新日本プロレスは創立50周年記念の『旗揚げ記念日』を数多のOBを招いて開催した。だが、本当の50周年は今日6日となる。50年前の1972年3月6日、新日本は大田区体育館(現在は建て替えられた大田区総合体育館)で旗揚げをした。 メインイベントは、アントニオ猪木がカール・ゴッ...
別窓で開く


<前へ12次へ>