本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



3年ぶりの行動制限のない年末年始! 恒例スポーツイベントも徐々に本来の形に!!
3年ぶりに行動制限のない年末年始となる。年末年始の恒例スポーツイベントでもWithコロナの方向へシフトしている。直近2大会で沿道での応援の自粛を求めていた『箱根駅伝』だが、第99回大会では沿道での観戦を解禁。新たな観戦スタイルとして、関東学生陸上連盟は「沿道で観戦、応援をする際はマスクを着用し、周囲...
別窓で開く

新日本US戦線が激化!9.25神戸でデビッド・フィンレーがウィル・オスプレイに挑戦「挑戦者はこの俺だ」
新日本プロレスは『バーニング・スピリット』最終戦、9.25兵庫・神戸ワールド記念ホール大会のカードを発表した。 メインイベントでは、IWGP USヘビー級選手権試合として、チャンピオンのウィル・オスプレイに、デビッド・フィンレーが挑戦する。今年に入ってから激しく動きを見せているUSヘビー戦線。...
別窓で開く

新日本US王者オスプレイにフィンレーが9.25神戸で挑戦!「俺はオマエのUSヘビー級王座がほしい」
新日本プロレスは、次期シリーズ『バーニング・スピリット』9.25兵庫・神戸ワールド記念ホール大会のカードを発表した。『バーニング・スピリット』は、1985年に新日本マットへ全日本プロレスから電撃移籍をした“超獣”ブルーザー・ブロディ(故人)がアントニオ猪木と対峙した際、「イノ...
別窓で開く

US王座再戴冠の棚橋弘至をバレクラ電撃加入のジュース・ロビンソンが襲撃「これからは自分がしたいようにする!」
5月1日、新日本プロレスは『レスリングどんたく2022』を、21年ぶりに福岡・PayPayドームで開催した。【新日本 PHOTO】新日本の歴史を作ってきたレジェンドレスラーたちが集結 セミファイナルでは、SANADAが怪我で返上を余儀なくされたIWGP USヘビー級王座決定戦、前王者の棚橋弘至と、ウ...
別窓で開く

「オマエに必要なのは挫折だ!」難敵EVILを撃破した鷹木信悟が決勝の相手・オスプレイに“強烈口撃”【新日本NJC】
3月20日、新日本プロレスは、春の最強戦士決定トーナメント『ニュージャパンカップ2021』(NJC)の準決勝をゼビオアリーナ仙台大会で開催。その先頭として、デビッド・フィンレーとウィル・オスプレイが激突した。 鮮やかなカウンター技を展開していった両者。一進一退の攻防を繰り広げるなか、必殺のACID ...
別窓で開く

オスプレイがSANADAとの技巧派対決を制す!次なる敵手フィンレーも「俺はレベルが違う」と格下扱い【新日本NJC】
新日本プロレスは18日、春の最強戦士決定トーナメント『ニュージャパンカップ2021』(NJC)のツインメッセ静岡北館大会を開催。注目のメインイベントでは、『ニュージャパンカップ』準々決勝で、SANADAとウィル・オスプレイが対戦した。 ハイレベルなテクニックを持つ両者は、序盤から目まぐるしい技術の応...
別窓で開く

新日本プロレス、飯伏幸太がIWGPの二冠を1つにすることを再度提案「絶対おもしろいことになる」
12日、新日本プロレスが、『THE NEW BEGINNING 2021』の記者会見を行ない、今後の対戦カードが発表された。また、1.4、1.5の東京ドーム2連戦でIWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座の奪取と防衛に成功した飯伏幸太がベルトについて語った。...
別窓で開く

新日本『G1クライマックス30』直前優勝予想、本命は飯伏幸太の2連覇!対抗は闇に堕ちたあの男
新日本プロレスの毎年恒例となっている、最強戦士決定戦『G1クライマックス30』(以下『G1』)が19日、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)から開幕する。 第1回大会から真夏に開催されていた『G1』だが、今年は東京オリンピック、パラリンピックシフトを敷いたため、30回目の節目にして、大会...
別窓で開く

新日本・EVIL「俺が正義だ」と高橋ヒロムに大暴走の初防衛!8.29神宮球場で内藤哲也がリマッチへ
新日本プロレスは名古屋でのビッグマッチ『SENGOKU LORD in NAGOYA』を25日、愛知・愛知県体育館で開催した。 メインイベントではIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合として、チャンピオンのEVILに、IWGPジュニアヘビー級チャンピオンの高橋ヒロムが初挑戦...
別窓で開く

「力の差が出すぎだお前らとは」新日本NJC2回戦でもタイチが波乱を起こす!棚橋弘至に続いて飯伏幸太も撃破!
新日本プロレスは7月1日、32選手が参加しているトーナメント『ニュージャパンカップ2020』(NJC)の2回戦を動画配信サービス新日本プロレスワールドで世界生配信した。 セミファイナルで棚橋弘至&飯伏幸太が保持しているIWGPタッグ王座をめぐる因縁を持つ飯伏とタイチが対決。...
別窓で開く


<前へ1次へ>