本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアとウクライナのはざまで揺れるIOCの苦悩 バッハ会長の手紙につづられていたジレンマ(春日良一)
(長文の返事には…(IOCのバッハ会長)/(C)共同通信社)【特別寄稿 春日良一】 国際オリンピック委員会(IOC)が1月25日に声明を出した。ウクライナとの連帯、オリンピック休戦を破ったロシアとベラルーシへの制裁、そして同国選手の立場について、IOC理事会がまとめた形だ。...
別窓で開く

「大統領を見捨てろと言うのか!」プルシェンコがIOCバッハ会長の“戦争不支持→競技復帰”提案にあらためて反発
ロシア・フィギュアスケート界が誇る“皇帝”ことエフゲニー・プルシェンコ氏が、ふたたび国際オリンピック連盟(IOC)のトップに噛みついた。 今年2月に始まったロシア軍によるウクライナ侵攻作戦を受けて、IOCは国際競技連盟や各スポーツの国際連盟に向けて制裁案を通達。...
別窓で開く

「無礼極まりない!」「明らかな脅迫行為」バッハ会長の“戦争不支持→競技復活”発言にロシアの新旧五輪金メダリストたちも猛反発!
やはり、と言うべきか。バッハ発言がロシア・スポーツ界で大きな波紋を広げている。 現地9月30日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長がイタリア・メディアの取材に応じ、ひとつの見解を明らかにした。今年2月にウクライナ侵攻作戦が始まって以降、国際大会から締め出されているロシア人アスリー...
別窓で開く

「誰が支持するものか!」皇帝プルシェンコがIOCバッハ会長による“戦争不支持→競技復帰”の見解に猛反発!
現地9月30日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長がひとつの見解を示した。イタリア紙の取材に対して、ウクライナ侵攻作戦の影響で国際大会への出場から除外されているロシア人アスリートに関する、新たなビジョンを提示したのだ。...
別窓で開く

“痴情のもつれ”を火消しできず大ダメージに 〜「彭帥事件」は中国・習近平体制が抱える問題の症例
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月14日放送)に朝日新聞編集委員で元北京・ワシントン特派員の峯村健司氏が出演。月刊「文藝春秋」にも寄稿した彭帥事件の真相について解説した。...
別窓で開く

「プーチンは国際法を知らない」パリ市長が2年後の夏季五輪での“ロシア排除”を示唆! 露メディアは猛反発
現地時間3月17日、フランス・パリのアンヌ・イダルゴ市長が踏み込んだコメントを発した。 ロシア軍によるウクライナ侵攻によって、スポーツ界はIOC(国際オリンピック委員会)を筆頭に各スポーツ連盟が軒並み、ロシアおよびベラルーシ選手団の国際大会からの締め出しを決定。この流れを受けて、2024年五輪開催地...
別窓で開く

スポーツ界での“締め出し“にロシア側は反発と失望。カナダメディアは「スポーツ王朝崩壊」の可能性を示唆
ロシアのウクライナ侵攻はスポーツ界にも大きな影響を与えており、あらゆる競技においてロシア排除の動きが進んでいる。 サッカー界では、FIFA(国際サッカー連盟)とUEFA(欧州サッカー連盟)がロシアの代表チームとクラブチームに対して両機構が主催する大会への出場を禁じることを発表。「サッカー界は団結し、...
別窓で開く

ウクライナへの侵攻を受けて決断! IOCが全競技団体にロシアとベラルーシの除外を「強く勧告」
ロシアによるウクライナへの侵攻を受け、国際オリンピック委員会(IOC)が重大な声明を発表。現地時間2月28日、各国際競技連盟などに対して、主催大会へのロシア及びロシアを支援するベラルーシの選手、関係者らを参加させないよう求めた。 3月4日に北京での冬季パラリンピックの開幕が間近に迫るなかで動いた。...
別窓で開く

北京五輪は習近平体制の3期目へ向けての「総仕上げ」 〜世界の分断が露わになった「平和の祭典」
ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」(2月21日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。2月20日に閉幕した北京冬季オリンピックについて解説した。北京冬季五輪の閉会式に出席したIOCのバッハ会長(左)と中国の習近平国家主席=2022年2月20日、北京(共同) 写真提供:共同通信社北京...
別窓で開く

素朴になったオリンピック開幕・開会式…「平和に機会を」
2022北京冬季五輪が4日午後8時(現地時間)、中国国家体育場で開幕した。北京は今回の冬季五輪の開催で、世界で初めて夏季五輪と冬季五輪を共に誘致した都市になった。ただしコロナパンデミックの影響で、開幕式の規模は2008年北京夏季五輪に比べて大きく縮小された。...
別窓で開く


<前へ12次へ>