本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 国連人権理事会の特別報告者は1日、ロシアとその同盟国ベラルーシのスポーツ選手について、中立的立場という条件付きで競技復帰を検討している国際オリンピック委員会(IOC)の判断を評価した。 特別報告者は「戦争で苦しむウクライナの選手らを支援したいという願いは理解する」としながらも、「IOCとその周辺団...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する。各...
別窓で開く

「テニス選手の過酷さを改めてしりました」IOC委員に当選した太田雄貴氏が錦織との写真を公開<SMASH>
8月4日に国際オリンピック委員会(IOC)のアスリート委員選挙の投票が公開され、フェンシング銀メダリストの太田雄貴氏が、4位で当選したことを自身のSNSで発表した。「IOCアスリート委員の選挙で、4位で当選しました。まず素晴らしい他の立候補者の皆さんに心より感謝を。大接戦でした。...
別窓で開く

「ノーベル平和賞」狙いで広島・長崎を訪問するな! バッハ会長らのパフォーマンスに被爆者たちが激怒
「平和の祭典」のアピールには、広島と長崎の被爆地を訪問するのが一番わかりやすいというわけか——。東京五輪・パラリンピックのために来日するIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が広島訪問を希望している。コーツ副会長も長崎訪問を計画しているという。被爆者たちからは「パフォーマンスのために私たちを利...
別窓で開く

五輪延期 ゆくえが気になる世界で1機のB787-8「聖火輸送機」 JALでも異色の存在だった
ギリシャのアテネから聖火を空輸した特別輸送機「TOKYO 2020号」は、JALの787-8型機が使用されましたが、実はJALが所有する飛行機のなかでもユニークな存在です。国内線で乗った人は、ちょっと得した気分になれたかもしれません。...
別窓で開く

坂上忍、聖火リレーの火「そんなに大事?」発言で物議 ヒロミは「あのランタンでキャンプしたい」
 24日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でのMC・坂上忍の発言が、またも視聴者から批判を受けている。 23日の参議院予算委員会で安倍晋三首相が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京五輪の延期を容認する考えを示した。...
別窓で開く

日本人以上に東京五輪を予定通り開催したがっているのは、この人だ=中国メディア
 中国メディア・上観新聞は21日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって予定通りの開催の是非を巡る議論が活発化している東京五輪について「日本人以上に成功させたいと思っているのは、この人かもしれない」とする記事を掲載した。 記事は、東京五輪期間中に灯される聖火が20日にギリシャから日本に到着する...
別窓で開く

東京五輪の聖火リレーがギリシャで中止…引継式や日本国内は予定通り実施
 東京オリンピックの聖火リレーがギリシャ国内で中止となった。東京2020組織委員会が13日に発表した。 聖火採火式は前日12日に古代オリンピック発祥の地であるギリシャのオリンピアで開催。新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初めて無観客の中で聖火リレーがスタートし、第2走者はアテネ五輪女子マラソン金...
別窓で開く


<前へ1次へ>