本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



あの元人気艶系女優、激しくモモ上げでEバスト暴れまくり動画にファン釘付け!
「HIT」なる今、話題のトレーニング方法をご存じだろうか?「High-Intensity Interval Training(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)」の略称で日本語で言うと「高強度インターバルトレーニング」。負荷の高い運動と小休憩を交互に4分間繰り返すといったトレーニング...
別窓で開く

米国ABS 中国&フィンランド企業と超絶エコロジー船の共同開発をスタート
船舶の2050年環境基準を前倒しでクリアするのが目標。いま設計することで将来に備えるのが目的 アメリカ船級協会(アメリカン・ビューロー・オブ・シッピング)、通称「ABS」は2021年9月13日(月)、将来の液化天然ガス(LNG)運搬船に用いることを目指したモジュラー船舶コンセプトを、中国の湖東中華造...
別窓で開く

【京都|新体制】「勝点3を狩りに行く!」汯貴裁新監督が見据えるJ1昇格への道と理想のチーム像とは?
 1月20日、京都サンガF.C.の2021シーズン新体制発表会がサンガスタジアムbyKYOCERAで行なわれた。コロナ禍の中、今年はサポーターや報道陣を入れず、YOUTUBEの公式チャンネルでライブ配信を行なった。 第1部では伊藤雅章社長からクラブ理念や施策、そして今季のクラブスローガンが『一心〜み...
別窓で開く

21年の半導体前工程装置市場は過去最高水準に
− 前年比3%超プラスの585億ドル規模、DRAM/ファンドリー牽引 − 2021年の半導体前工程装置(WFE=Wafer Fab Equipment)への投資金額は18年を上回り、過去最高の水準となる見通しだ。新型コロナや米中テック冷戦などマクロ環境が激変するなかで、半導体の重要性はより高まってお...
別窓で開く

眩さの変化がまるで魔法! 光の強度を表現したポーラミュージアムアネックス『Takahiro Matsuo INTENSITY』レポート
東京・銀座のポーラミュージアムアネックスで開催されている松尾高弘氏の展覧会『INTENSITY』が2020年9月22日(火・祝)まで会期を延長。光や現象による「INTENSITY=強度」をコンセプトにした3作品を鑑賞することができます。...
別窓で開く

後任を指名できるならジェラードに…クロップ監督が本音で語り尽くす【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.009(2020年1月号)掲載]マージーサイド出身のコメディアンであるジョン・ビショップは、あるクラブの練習場へ向かった。迎えたのは“平凡な男”、ユルゲン・クロップだ。クロップは対談を通じて、様々な質問に答えた。チームの再建やタッチライン上での振る舞い、そして誰もが気になる後...
別窓で開く


<前へ1次へ>