本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



女子サッカーに未来はあるのか。“WEリーグ”に託された使命。プロ化初年度の収穫と課題
 5月14日、新国立競技場でWEリーグの試合が初めて開催された。 前節でWEリーグ初代女王の座についたINAC神戸レオネッサと、皇后杯のチャンピオン・三菱重工浦和レッズレディースの一戦は、好天にも恵まれ、観客は1万1,763人を数えた。目標とする平均観客数5,000人に届かない試合が続いていたWEリ...
別窓で開く

浦和が国立開催の一戦でI神戸を下す…東京NBはホーム最終戦で白星/WEリーグ第21節
Yogibo WEリーグ第21節が14日から15日にかけて行われた。 前節の勝利で初代チャンピオンに輝いたINAC神戸レオネッサ(I神戸)は、皇后杯覇者の三菱重工浦和レッズレディース(浦和)と対戦した。WEリーグにとって初となる国立競技場で行われた一戦。序盤からI神戸が多くのチャンスを演出するも決め...
別窓で開く

サッカーWEリーグ “鉄板”2人の得点王争いから見えた課題
 サッカー女子のWEリーグは22日に最初のシーズンが最終節を迎える。国内で初めて女子リーグをプロ化した目的の一つが、女子日本代表「なでしこジャパン」の強化だ。初代得点王争いは“鉄板”の2人が中心。そのことが持つ意味は何か。 14日、WEリーグとして初めて東京・国立競技場で試合が開かれ、今季最多の1万...
別窓で開く

 サッカー女子のWEリーグは13日、各地で第21節の2試合が行われ、前節優勝を決めたINAC神戸は2位の三菱重工浦和に0—1で敗れた。東京・国立競技場でのリーグ戦開催は初めて。 長野はノジマ神奈川相模原と1—1で引き分けた。(了)【時事通信社】...
別窓で開く

2022年度に入り、東京五輪・パラリンピックの施設活用が本格化している。筆頭である新国立競技場では、4月29日にJリーグ初となるFC東京対ガンバ大阪戦が開催され、4万3000人超を動員。その後も5月8日のセイコーグランプリ陸上、14日のWEリーグ・INAC神戸レオネッサ対三菱重工浦和レッズレディース...
別窓で開く

「マジで可愛いです!」韓国女子代表の女神、イ・ミナが披露した“見返り美ショット”に反響続々!「クールだね〜」
 かつて日本のINAC神戸レオネッサでプレーした韓国女子代表MF、イ・ミナが公式インスタグラム(@mina_world_)を更新。あいかわらずの美貌を披露してファンの反響を呼んでいる。【PHOTO】韓国女子代表が誇るビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトをチェック! 30歳となったファンタジスタは、契...
別窓で開く

『真犯人フラグ』脚本家・高野水登氏、強羅役・上島竜兵さんを追悼「温かく接してくださいました」
俳優の西島秀俊が主演を務めたドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)の脚本家・高野水登氏が11日、自身のツイッターを更新。ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんの訃報を受け、思いをつづった。 同作で上島さんは、事件の裏で暗躍する人物・強羅誠を演じた。放送中、怪しげな強羅を演じる上島さんの演技にも注目が集まってい...
別窓で開く

プロ化した日本女子サッカーリーグが示した確かな成長。WE初代女王I神戸の指揮官は「今は1−0でもつまらない試合はない」
 5月8日、相模原ギオンスタジアムで、WEリーグの初年度女王が誕生した。 日本の女子サッカー界の頂点に返り咲いたのが、INAC神戸レオネッサだ。2011、2012年のシーズンを無敗で制し、黄金期を作り上げた星川敬監督率いるチームは、2013年(この年は石原孝尚監督)以来、9年ぶりのリーグ制覇を果たし...
別窓で開く

I神戸の優勝決定! S広島Rが4発でホーム3連勝…Jとの共催2カード目はドロー決着/WE第20節
Yogibo WEリーグ第20節が7日と8日に行われた。 INAC神戸レオネッサは田中美南の2ゴールなど、3−0の快勝でノジマステラ神奈川相模原を撃破。2試合を残してWEリーグの初代チャンピオンに輝いた。 三菱重工浦和レッズレディースは、敵地でマイナビ仙台レディースと対戦。48分に塩越柚歩が先制点を...
別窓で開く

初代WEリーグ王者はINAC神戸レオネッサ! 2試合ぶり勝利で優勝決定
Yogibo WEリーグ第20節が8日に行われ、ノジマステラ神奈川相模原とINAC神戸レオネッサが対戦した。 4日に行われた第11節延期分のサンフレッチェ広島レジーナ戦で、I神戸は今季初黒星を喫した。勝てば優勝がかかっている一戦だったものの、S広島R戦では栄冠を手中に収めることはできず、今節に持ち越...
別窓で開く