本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■インボイス制度の影響は全ての企業に1月30日発売の「週刊ダイヤモンド」(2023年2月...
別窓で開く

公的年金だけで生きていけるか。確定拠出年金アナリストの大江加代さんは「厚労省のデータによると、公的年金を受給している世帯の約半数、48.4%が公的年金のみで暮らしています。また、老後の無駄遣いを減らせばさらにお金の不安は減るでしょう」という——。※本稿は、大江加代『役所や会社は教えてくれない! 定年...
別窓で開く

これならできる!絶対お金が貯まる「仕組み」7つ
■お金が貯まらない人は「貯まる仕組み」を実践してみようお金を貯めるには、さまざまな方法があります。金融商品や制度を使って強制的に貯める方法や、貯金箱貯金のようなアナログな方法、リスクを取って「増やす」ことも取り入れた方法など、我が家でもいろいろな「貯まる仕組み」を有効活用しています。...
別窓で開く

年金は何歳からもらい始めるのがいいのか。確定拠出年金アナリストの大江加代さんは「公的年金を『貯蓄』と思い込んでいると、『いつ死ぬかわからないから、早くもらったほうが得だ』という発想になってしまいます。その誤解こそが、年金を減らしてしまう原因です」という——。※本稿は、大江加代『役所や会社は教えてくれ...
別窓で開く

15万円のインフレ手当、一日3時間労働...ホワイト企業のうらやましすぎる実態
定時上がりや各種手当など厚遇された人々直近の消費者物価指数は4%上昇。インフレが進む中、果たして、それに応じて給料が上がってる会社ってどのくらいあるの? 週プレは大規模アンケートと、要注目の仕事40種に詳細インタビューを実施。超リアルな懐事情の現状を一挙公開する!!【ガチ調査 みんなの給与明細 Pa...
別窓で開く

自分はいったいいくら年金がもらえるのか。把握できていない現役世代は多いのではないか。確定拠出年金アナリストの大江加代さんは「厚労省のモデル給付額を参考に共働きの場合を計算すると、25年間の受給で総額は約9286万円になります。自分のケースを具体的に確認するには、3つの方法があります」という——。※本...
別窓で開く

■夫との離婚が正式に決まり持ち家を出ることに 今回の家計相談は、年収950万円の49歳女性、Xさんからです。 Xさんは10年以上前に、当時のご主人が出て行ってしまいました。その後しばらくは正式に離婚しないままの状況が続き、Xさんは夫婦の持ち家に住みながら育児をすることができました。 しかし、このたび...
別窓で開く

iDeCoとNISAが同列で語られることが多い。経済コラムニストの大江英樹さんは「どちらが得なのかという質問をよく受けますが、まったく目的が異なる制度ですから、比較することはできません。ただ、iDeCoは投資の勉強をしていない人でも始められます。使わない手はありません」という——。■セミナーで寄せら...
別窓で開く

「貯蓄」から「投資」の時代へ。学校で教わらなかった「賢い貯め方&増やし方」を総まとめ!
 経済ジャーナリスト・酒井富士子さんが貯蓄と投資を軸にお金の基本を解説する『マンガと図解でよくわかる お金の基本 高校生から理解できる資産形成&金融知識』(インプレス)が1月24日に発売された。 家計管理、ライフプランニング、経済と金利の仕組み、お金を借りる、貯蓄する、投資で増やす、リスクに備える、...
別窓で開く

最速で着実!「不労所得」をつくる鉄板の流れ
■誰でも簡単に不労所得を得られる?大金持ちになりたい!とまではいかなくても、働かなくてもお金を受け取れる生活に憧れる方も多いようです。案外知られていませんが、不労所得をつくるのは思っている以上に簡単です。最近では、月々100円から資産運用を始められるノーベル賞級の投資法もあります。...
別窓で開く