本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



Netflix、Spotify、Adobe……数々の企業を成功に導いた凄腕コンサルタント、ハミルトン・ヘルマー。彼が著した経営戦略の指南書『7 POWERS』はシリコンバレーの起業家たちの間で経営の教科書として密かに読み継がれてきた。アメリカで私家版的に刊行されたため、日本ではごく一部のトップビジネ...
別窓で開く

<女性の影響力>ガールズ!ビー・アンビシャス!=日本は中韓に劣後—赤阪清隆元国連事務次長
今年(2022年)のタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」には、女性では、フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長、クリスティーヌ・ラガルド欧州中央銀行総裁、俳優・司会者のオプラ・ウインフリーなどが選ばれ、全体の半数近くを女性が占めた。日本人では、2020年に、大坂なおみと伊藤詩織が、2021年...
別窓で開く

マイクロソフト社Windows 3.0を発表(1990年5月22日)
 1980年代のパソコンは一回の起動でひとつのソフトウェアしか動かすことができませんでした。フロッピーディスクというソフトウェアの入ったディスクを使ってパソコンを起動すると、パソコンがそのソフトウェアの機能を持つ道具となるわけです。 やがてソフトウェアを動かすOSとしてデジタルリサーチ社のCP/Mや...
別窓で開く

ロシアからの撤退、多国籍企業600社が表明 インテルも露で全事業活動を停止
 米半導体大手のインテルは4月5日、ロシアでの全事業活動を停止したと明らかにした。インテルは3月に、ロシアとベラルーシの顧客向け全製品の出荷を停止したと発表していた。今回の措置は3月の決定に続くものだとしている。ロシアで20年以上続いた半導体研究開発 同社は声明で、「私たちの思いはこの戦争で影響を受...
別窓で開く

GAFAは分割されるかもしれない?! アメリカ「反独占」の歴史から紐解く!
格差拡大、世界経済停滞の原因はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック=現メタ、アマゾン)なのか。巨大グローバル企業による独占と寡占が進んだ結果、市場の競争原理と新規参入がはばまれ、イノベーションが妨げられたからだ——。...
別窓で開く

サムスン電子、米フォーブスが選ぶ「ことし最高の雇用主」世界1位に
サムスン電子が米国の経済雑誌「フォーブス」が選定した「世界最高の雇用主」1位となった。アマゾン、アップル、グーグル、マイクロソフト(MS)などグローバルトップIT企業を抑えての輝かしい成果だ。韓国企業の中ではサムスン電子以外にもLGやNAVER、アモーレパシフィック、CJなどが「トップ100」リスト...
別窓で開く

米国株のおすすめ銘柄ランキング【最新版】高配当の人気アメリカ株を大公開!
日本株を上回るペースで上昇を続ける米国株は、投資家たちの間では常に注目の的になっています。この記事をお読みの方の中にも、持続的な成長を続けている米国株へ投資を考えている方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、米国株投資をする上でおすすめの銘柄を、高配当銘柄に絞ってご紹介していきます。...
別窓で開く

パソコンを必要じゃないと答えたのはわずか1%【パソコン必要度調査】
総計で見ると、最も多かったのは「とても必要!」で68%、次いで「まぁまぁ必要」で28%。「あまり必要じゃない」「まったく必要じゃない!」と答えた人は合計してもわずか1%でした。■パソコンを最も必要としているのは40代?年代別では大きな差はありませんが、「とても必要!」と答えている人の割合が最も高かっ...
別窓で開く


<前へ1次へ>