本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ファーウェイがハーモニーOS3.0発表、IoTの進化による「全く新たな体験」強調
ファーウェイ(華為技術)は27日、オンライン方式で同社開発のOSである鴻蒙3.0(ハーモニーOS3.0)のリリースを宣言した。■IoTをさらに進化させ深化させるためのOSハーモニーOSは2019年の「1.0」の発表時から、IoT(モノのインターネット)を特に念頭に置いたOS(基本ソフト)と紹介されて...
別窓で開く

日本で「トップ賞」を獲得、ファーウェイの“技ありタブレット”の実力とは
華為技術(ファーウェイ)のHUAWEI MatePad Paperに触れてみて、「これは興味深い」と感じずにいられなかった。既存の商品カテゴリーにより同製品を分類するならば電子書籍リーダーとせざるをえないだろうか。たしかに電子書籍リーダーとしてとてもよく考えられている製品だ。しかし、単なる電子書籍リ...
別窓で開く

ファーウェイがE Ink採用の10.8インチタブレット「HUAWEI MatePad Paper」を6月9日発売へ
ファーウェイ・ジャパンは、「HUAWEI MatePad」タブレットの新製品「HUAWEI MatePad Paper」を6月9日に発売します。市場想定価格は6万4800円(税込)。シリーズで初めて、E Inkを採用した10.8インチ HDディスプレイを搭載するタブレット。重量360g、厚さ6.65...
別窓で開く

タブレットにもノートPCにもなる有機EL採用のハイスペック2in1
ファーウェイのMateBookシリーズより、2in1タイプの新モデル「HUAWEI MateBook E」(予想実勢価格:8万8800円前後/13万9800円前後)が新登場。同社としては初となる有機EL搭載の2in1ノートは、フレッシャーズや学生をはじめ、新生活に向けてPC購入を考えているユーザーで...
別窓で開く

ファーウェイ「スマートオフィス」グローバル発表会
 2022年2月27日、中国通信機器大手のファーウェイ(華為技術・HUAWEI)は、「スマートオフィス」グローバル発表会を開き、コンシューマー事業担当の余承東(リチャード・ユー)最高経営責任者(CEO)が新製品を紹介した。価格はユーロで発表され、日本円表示は参考価格。...
別窓で開く

ファーウェイのハイコスパPCに余裕の512GBストレージ搭載モデルが出たぞ
リモートワークで使うノートPC。画面サイズはなるべく広いほうがいいけど、時には会社との行き来があることも想定すれば、本体はできるだけ軽く薄いほうがやっぱりうれしい。そんなちょっとわがままなリクエストに応えてくれるのが、ファーウェイから発売の「HUAWEI MateBook D 15 」シリーズです。...
別窓で開く

ユニークな使い方ができる低価格タブレット4選【価格破壊なヒットモノ実力診断】
【価格破壊なヒットモノ実力診断】iPad以外にもユニークな製品が登場しているタブレット。ペンでの描画やメモ付きドキュメントのやり取り、読書、動画視聴、ゲーム、リモート会議など、用途を考えてチョイスすれば、スキマ時間が豊かになること間違いなし!*  *  *ブレット市場はiPadシリーズが牽引する状況...
別窓で開く

高級機とお手軽モデルの二極化が顕著だったタブレット4選【2021上半期PC&ガジェット大賞】
【2021上半期PC&ガジェット大賞】昨年から続くワークスタイルやライフスタイルの急激な変化に対応した新モデルが続々とリリースされ、まさに買い替え需要も絶好調だ。...
別窓で開く

作業領域が広がって効率良く仕事ができる最新PCモニター5選
以前と比べて大幅にテレワークが進んだコロナ禍で注目を集めているのが外付けのPCモニターです。多くのビジネスパーソンが会社から貸与されるのはノートPC。また最新のPC市場を見ても、出荷台数の8割以上がノートPCというデータも出ています。持ち運びやすく場所も取らないノートPCはたしかに便利なのですが、そ...
別窓で開く

狭額ベゼルに薄型ボディ!しかも性能はハイエンドで仕事が捗りそう
ファーウェイより、ノートPC・MateBookシリーズの最新ハイエンドモデル「HUAWEI MateBook X Pro」(27万4780円)が発売となりました。画面占有率91%という狭額ベゼルにより、コンパクトなボディと見やすく没入感の高い画面サイズを両立。機能性、使いやすさ、デザイン性を兼ね備え...
別窓で開く


[ huawei mate ] の関連キーワード

matepad huawei paper スマート ink
iot

<前へ1234次へ>