本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



インドのインフレ対応ーHSBCアセットマネジメント
 2022年7月8日、HSBCアセットマネジメントは、インドのインフレ対応についてのレポートを伝えた。— インドのインフレ率は、足元、インド準備銀行(RBI)による目標範囲の上限6%を5ヶ月連続で突破— RBIは5月の臨時の金融政策決定会合にて政策金利の40ベーシスポイント(bp)の引き上げを決定。...
別窓で開く

【インド】政策金利は「据え置き」慎重な金融政策を維持する背景とは?〈HSBCアセットマネジメント レポート〉
インド準備銀行(RBI)は、2016年からインフレ目標を重視した機動的な金融政策の枠組みを導入RBIは、インフレ目標達成に向けて、金融調節を用いて加重平均コールレート(銀行間翌日物金利)を誘導RBIは、長期金利をイールドカーブ(利回り曲線)に沿う形に誘導するための政策措置も導入RBIには、インフレ抑...
別窓で開く

インド金融政策の枠組み・HSBCアセットマネジメント レポート
 2022年5月1日、HSBCアセットマネジメントは、 経済レポート「インド金融政策の枠組み」を発表した。...
別窓で開く

【インド】2022-23年度予算案から紐解く国家の展望〈HSBCアセットマネジメント レポート〉
インド財務省は2月1日、2022-23年度(2022年4月〜2023年3月)の予算案を発表。予算案は、現政権が①インフラ、②経済的平等、③生産性と持続可能性、④民間投資を4本柱として重点的に進める発展ビジョンに沿ったものとなっている。予算案全体に共通しているのは、官民両部門で生産性と効率を向上させる...
別窓で開く

【インド】2022年4月からの予算案レポートーHSBCアセットマネジメント
 2022年2月28日、HSBCアセットマネジメントは、4月からのインド政府の予算案についての経済レポートを公表した。 (経済レポート)-インド財務省は2月1日、2022/23年度(2022年4月〜2023年3月)の予算案を発表。-予算案は、現政権がインフラ、経済的平等、生産性と持続可能性、民間投資...
別窓で開く

インドは次の「アジアの奇跡」?<HSBCアセットマネジメント レポート>
HSBCアセットマネジメントの最新レポートによると、インド株式市場は2021年5月以降、新型コロナウイルスの新規感染者数の減少と景気回復期待の高まりを背景に上昇基調をたどっている。一方、国債市場は、米国債利回りの上昇や原油高などを受けて軟調な展開(利回りは上昇)となっている(11月12日現在)。...
別窓で開く

良好なパフォーマンスが際立つインド小型株<HSBC投信レポート>
■マーケットサマリーインド株式市場は2021年5月以降、新型コロナウイルスの新規感染者数の大幅減少と景気回復期待の高まりを背景に上昇を続けている。一方、国債市場は、インフレ率が高水準で推移する中、5月下旬から軟調な展開(利回りは上昇)となっている(8月31日現在)。新型コロナウイルス感染症の渦中にあ...
別窓で開く

良好なパフォーマンスが際立つインド小型株<HSBC投信レポート>2
債券市場5月下旬から売り優勢の展開インド国債市場は、2021年5月下旬から軟調な展開(利回りは上昇)が続いている。インド準備銀行(中央銀行)が公開市場操作を通じた国債買入れを続けていることは市場のサポート要因となっているものの、高水準のインフレ率が債券市場の重しとなっている(8月31日現在)。...
別窓で開く

良好なパフォーマンスが際立つインド小型株<HSBC投信レポート>1
 2021年9月2日、HSBC投信はインド経済レポートを伝えた。〔経済レポート〕インド株式市場は2021年5月以降、新型コロナウイルスの新規感染者数の大幅減少と景気回復期待の高まりを背景に上昇を続けている。一方、国債市場は、インフレ率が高水準で推移する中、5月下旬から軟調な展開(利回りは上昇)となっ...
別窓で開く

現在のインド経済は2013年と異なり、衝撃を軽減する要因が存在<HSBC投信レポート>
■マーケットサマリーインド株式市場は、昨年2月下旬から3月半ばにかけてコロナショックを受けて急落したが、その後反転し、上昇トレンドをたどっている。ただし足元はスピード調整局面にあり、2月半ば以降は上値の重い展開となっている。一方、国債市場は2020年7月以降、一進一退の展開が続いている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>