本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オンにオフに活躍!この夏注目の最新PC 7選【夏の流行モノ指名買いリスト】
【夏の流行モノ指名買いリスト】クラムシェル型のオーソドックスなノートPCから、ペン対応の2in1タイプ、据え置きタイプのゲーミングPCまで、今季もさまざまな新製品が登場! ここでは4〜6月発売の新製品を中心に、この夏注目しておきたいPCをまとめてチェックしよう。*  *  *話題性という点では、ペン...
別窓で開く

iPadにApple純正「Studio Display」を買い足してミニマムシアターはアリなのか!?
【iPadで始めるAV環境最強化計画】iPadのAV環境最強化のなかでも、Apple純正でトップクラスの周辺機器が27インチのモニター「Studio Display」です。高性能なデスクトップPC「Mac Studio」とあわせて発表されたことからもわかるように、製品カテゴリとしてはクリエイター向け...
別窓で開く

軽くて高機能な「EOS R10」でミラーレス一眼デビューしてみない?
キヤノンより小型・軽量なミラーレス一眼「EOS R10」(予想実勢価格:ボディ12万8480円前後)が7月下旬に発売となります。ボディはバッテリーとSDカードを含めても、EOS Rシリーズ最軽量の約429g。同時に発表された、同じくAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼「EOS R7」よりも、さらに...
別窓で開く

追突やあおり運転対策にはリア対策を!他社製品とも組み合わせて使えるリア専用ドラレコ
クルマを運転する機会の多い人はもうドラレコを取り付けているかもしれませんが、それ撮影できるのが前方だけのモデルだったりしませんか? 後方からの追突やあおり運転などを記録するためには、やっぱり後方(リア)も撮影できるカメラが必要です。かといって買い換えるにしても、すでにフロント用はあるわけで、コスト的...
別窓で開く

AIが画質調整 4Kビエラ「LX950」「LX900」パナソニックから
パナソニックは、4K液晶テレビ「4Kビエラ LX950」「LX900」2モデルを2022年5月27日から順次発売する。いずれも「自宅でエンターテインメントを楽しむ時間」がより豊かなものになるよう、新4K衛星放送や4Kネット動画、ゲームなどのコンテンツを臨場感のある画質で楽しめるモデルとして開発したと...
別窓で開く

「Dolby Atmos」対応&迫力の低音再生 サブウーハー内蔵のサウンドバー
音響機器を手がけるディーアンドエムホールディングス(神奈川県川崎市)は、「デノン」ブランドから、サウンドバー「DHT-S217」を2022年5月中旬に発売する。■サラウンド音声も存分に40型〜50型のテレビに適するという幅890ミリ、奥行き120ミリサイズで、壁掛け設置も可能。...
別窓で開く

15.6型の大画面に最新CPU搭載の「VAIO S15」はBDドライブ付きも選べるぞ!
VAIOから、仕事にゲームにバリバリ使える、ハイパフォーマンスかつ大型ディスプレイを搭載した15.6型ワイドオールインワンノートPC「VAIO S15」の新モデル(予想実勢価格:15万9800円〜)が登場。5月中旬以降受注開始、5月下旬以降発売となります。...
別窓で開く

まるでUSBハブのようなキャプチャーボードでライブ配信もゲーム配信も手軽に実現!
「これからの時代、セルフプロデュース&情報発信は当たり前。まずは動画配信から!」なんて意識高めにはりきってみたけれど、いざ考えてみるとこれというテーマがなかなか見つからなかったりします。あまり考えすぎないで、まずは身近なゲーム実況から始めてみるのもひとつの方法かも…。...
別窓で開く

部屋の明るさや照明でテレビの色を自動調整!最新「4Kビエラ」でテレビや動画を快適に!
家族みんなが楽しむリビングの大画面テレビ。小さな子どもは朝や夕方に地上波の幼児番組、ティーンはゴールデンタイムのバラエティ番組やYouTube、大人は深夜にDVDやサブスク動画アプリで海外ドラマを一気見したりと、見る時間帯もコンテンツも実にさまざまです。...
別窓で開く

【2022年4月】4Kテレビのおすすめ6選|サイズ別や選び方を解説
テレビ番組や映像コンテンツを大きくてキレイな画面で楽しみたい。そんな人におすすめなのが4Kテレビです。以前は価格が高く、手が出しにくい印象でしたが、最近では、多くのメーカーが様々なラインナップを展開し、リーズナブルなモデルも増えてきました。記事本編では、4Kテレビの選び方とおすすめのモデルを紹介して...
別窓で開く


[ hdr ] の関連キーワード

display パナソニック studio atmos dolby
vaio ミラー eos