本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“投打で過去最高を残す”と断言。大谷翔平の「6年目」を米識者が早くも大予想!「オオタニを超えるものは何もない」
2023年は、稀代の二刀流に注がれる関心は「過去最高」のものになるのかもしれない。 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平にとって、今シーズンは選手生活において大きな節目を迎える。レギュラーシーズン終了後に米球界唯一の二刀流はフリーエージェント(FA)となるため、新契約をどのような形で結ぶのか、新天地...
別窓で開く

“投高打低時代”に異彩を放ったジャッジのハンク・アーロン賞は当然。それでも絶えなかった大谷翔平派の声は何を表すのか
現地時間11月9日、メジャーリーグ機構は、2022シーズンのハンク・アーロン賞の受賞者を発表。昨シーズンに大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が受賞して話題となったアメリカン・リーグではアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)が選ばれた。...
別窓で開く

「心配するな!」エ軍人気解説者が大谷翔平のMVPを断言! ジャッジと“接戦”にも「ショウヘイを上回る存在はいない」
11勝&30本塁打の偉才か、はたまたリーグ新記録の64発ペースで量産体制を維持している怪物か。今季のア・リーグMVP争いが混沌としてきている。「偉才」とは、二刀流で存在感を強めている大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。現地時間9月3日に行なわれたヒューストン・アストロズ戦では、勝ち星こそつかな...
別窓で開く

「この男を当然と思ってはいけない」アストロズをねじ伏せた“大谷翔平の111球”に米識者たちが熱狂!「MVPを受賞すべき」
二刀流戦士が、その異能ぶりを見せつけた。 現地時間9月3日、本拠地で行なわれているヒューストン・アストロズ戦で、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「3番・DH兼投手」で先発登板。8回(111球)を投げて、1失点、被安打6、5奪三振、無四球という完璧なピッチングを披露して降板した。 対峙したのは、...
別窓で開く

「オオタニは非現実的」ジャッジの眼前で圧巻の2試合連続弾! 右手一本で放った大谷翔平の29号に米記者も感嘆「またMVPだ」
今季のMVPを争う“ライバル”の眼前で、28歳のサムライは圧巻の一打を放った。 現地時間8月29日に本拠地で行なわれているニューヨーク・ヤンキース戦で、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は「3番・DH」でスタメン出場。2対2で迎えた5回の第3打席に2試合連続となる今季第2...
別窓で開く

大谷翔平を「紛れもなくMVPだ」と米メディアは強調!ジャッジを推す声に「敬意を欠いている」と批判も
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、現地時間6月25日に行なわれたシアトル・マリナーズ戦で「3番・DH」でスタメン出場すると、今季16号となる本塁打を記録した。チームは、この日、3対5で敗れ4位に転落となった一方で、大谷自身のコンディションの良さが超特大の本塁打には表れていた。...
別窓で開く

「他に誰がMVPになれる?」大谷翔平の二刀流に米専門記者が最敬礼!「人々は偉大さに飽き始めている」と“リアルな声”も
昨季に二刀流で一大フィーバーを遂げた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。迎えた今季も期待は小さくない。 だが、今季は相手の警戒がより強まったせいもあり、昨季のような胸のすく快進撃は見られていない。無論、背番号17のパフォーマンスはチーム成績にも直結。...
別窓で開く

“大谷レポート”が存在!? 空振りを全く奪えなかった大谷翔平はヤンキースに癖を読まれていた「もっと用心深くならないと」
ニューヨーク・ヤンキースの“巧みな”攻撃は、「投手・大谷」をのみ込んだ。 現地時間6月2日に行なわれたヤンキースとのダブルヘッダー初戦で、今季9度目の先発登板を果たした大谷は、4回途中(75球)を投げて4失点。この日は三振も2つしか奪えずに無念の降板となった。「カウント球も含...
別窓で開く

「昨季より印象的だ」“リアル二刀流”を継続し続ける大谷翔平の強靭さに米メディアが脱帽!「オオタニは逆境に屈しない」
現地時間5月26日のトロント・ブルージェイズ戦で、今季8度目の「リアル二刀流」で、先発登板を果たした大谷翔平。投げては6回を投げ5失点。打っても「3番・DH(兼投手)」で出場したが、2打数無安打(1四球)。目立った活躍を見せられないまま、8回の第4打席で代打が送られてお役御免となった。...
別窓で開く

5年前のヤンキースはオファーの機会すらなかった!? 米メディアが大谷翔平を「痛すぎる獲得失敗例」に選出
スポーツ界において“たられば”は付き物だ。とりわけ選手の移籍に関しては「●●が◆◆に行っていれば」という例は数多に存在する。現在、ロサンゼルス・エンジェルスに所属する大谷翔平も一例のひとつと言えるかもしれない。「オオタニがヤンキースに加入していれば——」 今から約5年前に日本...
別窓で開く


<前へ1次へ>