本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷翔平、MVPを占う指標も伸ばす快心の13勝目! 米識者はサイ・ヤング賞の可能性を指摘「もう言い訳はやめないか?」
相手打線を寄せ付けず、話題沸騰中のMVPを手繰り寄せるような快投だった。 現地時間9月17日、本拠地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦で、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「3番・DH兼投手」で先発登板。7回(107球)を投げて、無失点、被安3、8奪三振と好投。チームの2対1での勝利に貢献し、今...
別窓で開く

「心配するな!」エ軍人気解説者が大谷翔平のMVPを断言! ジャッジと“接戦”にも「ショウヘイを上回る存在はいない」
11勝&30本塁打の偉才か、はたまたリーグ新記録の64発ペースで量産体制を維持している怪物か。今季のア・リーグMVP争いが混沌としてきている。「偉才」とは、二刀流で存在感を強めている大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。現地時間9月3日に行なわれたヒューストン・アストロズ戦では、勝ち星こそつかな...
別窓で開く

「この男を当然と思ってはいけない」アストロズをねじ伏せた“大谷翔平の111球”に米識者たちが熱狂!「MVPを受賞すべき」
二刀流戦士が、その異能ぶりを見せつけた。 現地時間9月3日、本拠地で行なわれているヒューストン・アストロズ戦で、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「3番・DH兼投手」で先発登板。8回(111球)を投げて、1失点、被安打6、5奪三振、無四球という完璧なピッチングを披露して降板した。 対峙したのは、...
別窓で開く

「オオタニは非現実的」ジャッジの眼前で圧巻の2試合連続弾! 右手一本で放った大谷翔平の29号に米記者も感嘆「またMVPだ」
今季のMVPを争う“ライバル”の眼前で、28歳のサムライは圧巻の一打を放った。 現地時間8月29日に本拠地で行なわれているニューヨーク・ヤンキース戦で、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は「3番・DH」でスタメン出場。2対2で迎えた5回の第3打席に2試合連続となる今季第2...
別窓で開く

大谷翔平を「紛れもなくMVPだ」と米メディアは強調!ジャッジを推す声に「敬意を欠いている」と批判も
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、現地時間6月25日に行なわれたシアトル・マリナーズ戦で「3番・DH」でスタメン出場すると、今季16号となる本塁打を記録した。チームは、この日、3対5で敗れ4位に転落となった一方で、大谷自身のコンディションの良さが超特大の本塁打には表れていた。...
別窓で開く

「オオタニほどMLBに価値を与える選手はいない」米専門サイトが大谷翔平のハイレベルな二刀流を激賞!投打の質の高さを強調
ここにきて二刀流での活躍がさらに印象付けられている。 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、現地時間16日のシアトル・マリナーズ戦で先発登板を果たし5勝目をあげた。またバッティングでも2本のヒットを放ち11試合連続安打を記録している。...
別窓で開く

「他に誰がMVPになれる?」大谷翔平の二刀流に米専門記者が最敬礼!「人々は偉大さに飽き始めている」と“リアルな声”も
昨季に二刀流で一大フィーバーを遂げた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。迎えた今季も期待は小さくない。 だが、今季は相手の警戒がより強まったせいもあり、昨季のような胸のすく快進撃は見られていない。無論、背番号17のパフォーマンスはチーム成績にも直結。...
別窓で開く

「オオタニの欠場を悲しむべきではない」大谷翔平のメッツ戦欠場に米識者が持論! 否定的な声にも「アスリートはロボットではない」と主張
グラウンドに立たずとも、話題の中心には置かれるようだ。 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、現地時間6月12日の本拠地で行なわれたニューヨーク・メッツ戦で出場の機会は無く、今季2度目の完全休養となった。 1対4とリードされて迎えた9回裏の攻撃時、代打の準備のためグラウンドに姿を現わしたものの、2...
別窓で開く

泥沼のエンジェルス、大谷翔平の起用法に米メディアが言及 投打で不調続き「手を打つ必要がある」と『二刀流』見直しも提言
現地時間6月7日、ロサンゼルス・エンゼルスは本拠地でボストン・レッドソックスと対戦し、延長戦の末5対6で敗れ連敗は球団ワーストの13となった。 試合前にはジョー・マッドン監督解任というニュースが流れ、重苦しい空気に包まれて迎えたこの日のレッドソックス戦。序盤からリードを奪うも僅差のまま試合は進み、7...
別窓で開く

“大谷レポート”が存在!? 空振りを全く奪えなかった大谷翔平はヤンキースに癖を読まれていた「もっと用心深くならないと」
ニューヨーク・ヤンキースの“巧みな”攻撃は、「投手・大谷」をのみ込んだ。 現地時間6月2日に行なわれたヤンキースとのダブルヘッダー初戦で、今季9度目の先発登板を果たした大谷は、4回途中(75球)を投げて4失点。この日は三振も2つしか奪えずに無念の降板となった。「カウント球も含...
別窓で開く


[ halo エンジェルス ] の関連キーワード

ヤンキース メッツ

<前へ12345678次へ>