本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



小田急電鉄はどのように進化を遂げてきたのか。ロマンスカーの歴史を中心に多面的にひも解くかつとんたろう氏の著書『小田急は100年でどうなった?』(交通新聞社新書)の一部を抜粋して紹介します。2018年、真っ赤なロマンスカーが誕生した。GSE(70000形)だ。LSE(7000形)の運用開始から37年が...
別窓で開く

「2023年秋頃に引退」。小田急電鉄のロマンスカー50000形「VSE」は、その運命が決まって以降、駅や沿線での存在感が一層増したように見える。流線形のシルキーホワイトの外観で、展望席と連接台車というロマンスカーならではの“伝統”を受け継いだ車体は、子どもだけでなく大人も思わずカメラを向ける。愛称の...
別窓で開く

Game Source Entertainment(GSE)は、ベルギーのクリエイティブゲームスタジオHappy Volcanoが開発したレーシングゲーム『駐められるもんなら駐めてみな』(原名:You Suck at Parking)の詳細情報を公開した。...
別窓で開く

小田急電鉄の特急ロマンスカーは新宿と小田原・箱根、片瀬江ノ島方面を結ぶ。展望席が自慢の70000形「GSE」は2023年3月に運行開始5年、地下鉄やJRに直通できマルチに活躍する60000形「MSE」は15年を迎えた。定期運用する特急車両としては、ほかに30000形「EXE」と 、EXEをリニューア...
別窓で開く

「SE車はやや貧弱」だ? 小田急ロマンスカー展望車の元祖「NSE」 ライバルにどう挑んだか
小田急電鉄の特急ロマンスカーと言えば「運転席が2階で展望席を備える」イメージがあり、最新の70000形「GSE」でも踏襲されています。この「展望席」は1960年代に登場した3100形「NSE」より採用されたもの。3100形とはどんな車両だったのでしょうか。...
別窓で開く

小田急ロマンスカーSE=「新幹線のプロトタイプ」のワケ メンツを捨てた国鉄 異例の協力
小田急「ロマンスカー」を印象付けた名車が、1957年に登場した3000形「SE」です。実は国鉄線を走ったこともあり、「新幹線」実現の礎にもなりました。その誕生から引退までを振り返ります。ロマンスカーは戦前から 特急ロマンスカーといえば、小田急電鉄の看板列車です。...
別窓で開く

週刊少年ジャンプの『少年ジャンプ新世界漫画賞』(11月期)にて、小学6年生の亞界月都先生(12歳)が賞金を獲得したことが判明した。漫画作品『怪獄の刑』を描いて応募亞界月都先生は44ページの漫画作品『怪獄の刑』を描いて応募。最終候補まで至らなかったものの、しっかりと作品が紹介され、賞金を獲得。多くの人...
別窓で開く

セブンイレブンのスカスカサンドイッチを買った男性が寛大な心でセブン許す
セブンイレブンでサンドイッチを購入したものの、本来入っている(はずの)ツナがほとんど入っていなかった。そんな衝撃的な体験をした男性が、スカスカサンドイッチの画像をTwitterに掲載して大きな話題となっていたが、新たな展開があった。え? え? なにこれどういうこと? ツナは?スカスカサンドイッチを買...
別窓で開く

Slackでインタラクティブなリマインドアプリを作ってみた
この記事は、ニフティグループ Advent Calendar 2022 10日目の記事です。・はじめにこんにちは!インフラシステムグループの仲上と申します。今回は、Slackでインタラクティブなリマインダーアプリを作成したので、紹介したいと思います。...
別窓で開く

2022最優秀車両は「京急」 通勤型でブルーリボン賞 「今までになかった電車」
京急の1000形1890番台が、鉄道友の会より最優秀車両に贈られる「ブルーリボン賞」を受賞しました。同賞は新幹線車両や特急車が多いなか、今年は通勤型電車、しかも既存形式での受賞に。様々な新機軸が評価されました。京急39年ぶりのブルーリボン賞 京浜急行電鉄の新造車両1000形1890番台「Le Cie...
別窓で開く


[ gse ] の関連キーワード

少年ジャンプ セブン vse 小田急 nse

<前へ12345次へ>