本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ対応での米欧の失敗、ランド研の提言はエネルギー増産だった 戦争を引き寄せてしまった指導者の致命的ミス
ロシアがウクライナに侵攻し5カ月が経過した。今回の軍事衝突の裏で、米国の保守系シンクタンク、ランド研究所の報告書が米政権の戦略に影響を与えたと指摘する声がある。だが、事態がここに至ったのは米欧の戦略ミスである。ランド研究所の提言を読み解いてみよう。...
別窓で開く

戦車の主砲大型化ふたたび? 対ロシアで求められる能力向上 独新型戦車の130mm砲より大きく?
ウクライナ侵攻以降、ロシアに対抗すべく戦車の能力向上が求められています。そうしたなか発表されたドイツの新型戦車は主砲に130mm砲を搭載。しかし、これより大きい砲が主流となる可能性もあり、主砲の大型化に再び注目が集まっています。...
別窓で開く

ウクライナ戦争でアメリカが得る、"値千金の実戦データ"とは? 元アメリカ陸軍大尉が解説
「米軍は今、ウハウハでしょうね」そう語るのは、アフガニスタンでアメリカ陸軍82空挺師団兵士として実戦を経験し、後にS2情報担当将校として活躍した飯柴智亮(いいしば・ともあき)氏だ。それはどういう意味なのか?「アメリカがウクライナへ供与した兵器がロシアとの戦争で使われており、それによって兵器の実戦デー...
別窓で開く

ボン・ジョヴィの「イッツ・マイ・ライフ」で士気を上げながらロシア軍の攻撃に備えるウクライナの人々 「音楽の力を過小評価してはいけない」「なんというパワフルな動画なんだ」
アメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィが2000年にリリースしたヒット曲「イッツ・マイ・ライフ」。日本ではなかやまきんに君のネタで聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。大音量の「イッツ・マイ・ライフ」で士気を上げながらロシア軍の攻撃に備えるウクライナの人々が話題を呼んでいます。...
別窓で開く

「偽情報」があふれるロシア ウクライナ侵攻 〜対策・戦略のできていない日本の危なさ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月1日放送)に東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が出演。米IT大手がウクライナ情勢をめぐる偽ニュースやプロパガンダ拡散防止対策の強化に乗り出したというニュースについて解説した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>