本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「UZR」とは何なのか。近年注目度が増した守備指標に関する“誤解”と“偏見”を解消しよう<SLUGGER>
UZR(Ultimate Zone Rating)というデータを目にしたことがあるだろうか。近年、数多くのメディアなどで紹介されるようになってきた守備指標で、同じポジションの平均的な選手に比べて、どれだけチームの失点を減らす守備を見せたかを示している。 日本でも少しずつ浸透してきてはいるが、多くの「...
別窓で開く

村上宗隆の圧倒的打棒は“ボンズ級”!? 米メディアが伝えたMLBスカウトのリアル評「打撃に重きを置いた三塁手になるか」
アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)がア・リーグのシーズン最多本塁打記録であるロジャー・マリス氏の61本まで、あと1本に迫っている。MLBでは過去6人しかいない60本の大台に乗せた怪物スラッガーの打棒には、日々ファンや現地記者、メディアが熱狂し続けている。...
別窓で開く

なぜ失策数で守備を評価すべきでないのか。UZRが照らす“真の名手”とは【野球の“常識”を疑え!第4回】<SLUGGER>
「守備力が高い」という表現から何をイメージするだろうか。軽やかなグラブさばき、捕ってからの早さ、正確な送球……。いずれも、守備の名手にとって欠かせない要素だ。しかし、そもそも何をもって「守備力が高い」とされるべきなのだろうか。そして、データによる守備評価はどのようなアプロ...
別窓で開く

中日のような貧打線でも送りバントは非効率。“堅実な戦術”の落とし穴をデータで解き明かす【野球の“常識”を疑え!第3回】<SLUGGER>
日本野球では、昔から「送りバント」が重要な戦術として位置付けられてきた。近年になって、「送りバントは非効率な戦術である」というセイバーメトリクスに基づいた主張が広まってきてはいるが、今もプロアマ問わず送りバントは多用されている。 だが、海の向こうのMLBでは近年送りバントが激減。...
別窓で開く

「なんて怪物的シーズンなんだ」村上宗隆の“3打席連発”にMLB記者も「逆方向にこのパワーとは」と感銘!
“村上様”と呼ばれるのも、当然と言える活躍かもしれない。 7月31日、甲子園で行なわれた阪神戦に「4番・三塁」で先発出場した村上宗隆(ヤクルト)は、プロ初となる35号、36号ソロ、37号2ランの3打席連続本塁打を放ち、チームの逆転勝利の原動力となった。 まず一発目が飛び出した...
別窓で開く

【データで見る「後半戦要注目選手】セ・リーグ編】虎ケラーの投球はサファテ級! 中日・京田の不振の原因は“不運”?<SLUGGER>
プロ野球は前半戦が終了。大記録が飛び交った2022年前半戦だが、期待を裏切ってしまった選手もいる。今回は後半戦の巻き返しが期待できるセ・リーグの3選手をピックアップした。●上茶谷大河(DeNA)10登板 50.2イニング 2勝6敗 防御率5.15 上茶谷は2勝6敗、防御率5.15で前半戦を終えた。...
別窓で開く

【データで見る「後半戦要注目選手】パ・リーグ編】不運に見舞われたオリックス・宮城。悩める助っ人も今後は上向くはず<SLUGGER>
プロ野球は前半戦が終了した。大記録が飛び交った2022年の前半戦だが、一方で期待を裏切ってしまった選手もいる。そこで今回は後半戦の巻き返しが期待できるパ・リーグの3選手をピックアップした。●宮城大弥(オリックス)16登板 97.1イニング 6勝5敗 防御率3.70 昨季は13勝4敗、防御率2.51を...
別窓で開く

実力以外の要素に大きく左右される打点の欠陥。“打撃三冠”で評価する時代は終わった?【野球の“常識”を疑え!第2回】<SLUGGER>
今季はセ・リーグで村上宗隆(ヤクルト)、パ・リーグでは山川穂高(西武)が三冠王も視野に入る素晴らしい打棒を発揮している。「三冠」とはもちろん、打率・本塁打・打点のこと。テレビ中継などで選手の成績が紹介される時にも必ず目にする定番の指標だ。 だが、この中でも特に打点は大きな欠陥があり、選手の実力を正当...
別窓で開く

有言実行の急成長。燕の1番・塩見泰隆の「進化」が止まらない<SLUGGER>
2年連続のセ界制覇に向けてヤクルトの快進撃が続いている。6月26日に行われた本拠地での巨人戦、11対10の乱打戦を制して12カード連続の勝ち越しを達成。さらに交流戦でも全カード勝ち越しており、11球団勝ち越しという史上初の快挙も記録している。 26日の試合でも、主役になったのは村上宗隆だった。...
別窓で開く

GG9回の中日・大島洋平の「守備力」は、巨人ウォーカーよりも下!?  名手に忍び寄る“劣化”の兆候
プロ野球は開幕から約3か月が経過。各チームの戦力図や新戦力の出来もだいぶ見え始めている。今季の新外国人はメジャーで実績ある選手も多く来日したが、むしろ“無名”の男が話題を集めている。巨人のアダム・ウォーカーだ。 巨人が今季の目玉として獲得したメジャーの元有望株だったグレゴリー...
別窓で開く


[ graph slugger ] の関連キーワード

slugger パ・リーグ オリックス セ・リーグ ケラー
uzr リアル

<前へ123次へ>