本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「Baby Shark」や「鬼滅の刃」に見る韓国のパクリ精神 アニメやゲームでは反日不買も不可能も、反日無罪は相変わらず
(羽田真代:在韓ビジネスライター) 2019年から日本製品不買運動が開始された韓国。しかし、ゲームの世界は別のようで、2020年に発売された任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」用ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」は発売開始早々に品切れを起こし、一時期は「マスクよりも入手が困難だ」と言われた。...
別窓で開く

キャリアモデル以外の選択肢が大幅アップ! 価格&性能が優秀すぎる、最新SIMフリースマホ
5月下旬から6月上旬にかけて、SIMフリースマホの新モデルが続々と登場。これらの夏モデルのなかで最も気合いの入ったラインナップを提供したのがOPPOシリーズだ。今回紹介したモデルのほかに、廉価版の5G端末「OPPO A54 5G」(3万1800円・6月下旬以降発売)や、フラッグシップモデルの「OPP...
別窓で開く

実験的な展示が話題! 「わかりあえなさ」テーマの展覧会とは?
「翻訳とはコミュニケーションのデザインである」。そんな考えがテーマの展覧会「トランスレーションズ展—『わかりあえなさ』をわかりあおう」が今、話題を集めている。本展のディレクターで情報学研究者のドミニク・チェン氏は、日本、台湾、ベトナムの血を引くフランス人。...
別窓で開く


<前へ1次へ>