本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナ禍の最中に行われた就活で、主要大学の学生はどのような企業・団体を選んだのだろうか。国公立・私立主要27大学別の2021年就職先ランキングを作成した。第6弾はGMARCHに上智・理科大を加えた、関東主要私立大学の就職先をお届けする。アフターコロナが見え始めた足もとで、就活戦線を戦う学生とその親は...
別窓で開く

学歴社会ではなにかとネガティブに受け止められがちな「中退」。だが、中退した結果、どんな人生を送ることになるかは、今まであまり可視化されてこなかった。そこで、この連載では「学校を中退した」人たちにインタビュー。「どんな理由で中退を選んだか」「中退を後悔しているか、それとも辞めてよかったと思っているか」...
別窓で開く

いい個別指導塾を選ぶポイント、見るべきところは「講師の大学名」ではなく……
画像はイメージ塾・予備校選びで見落としがちなポイントがあります。それは、同じ系列の塾・予備校でも「教室によって、教育レベルがかなり違う」という点です。今回は個別指導塾を例に、「良い教室を見抜く方法」をお伝えします。参考にしてもらえれば幸いです。(文:妻鹿潤)■ 「ドル箱教室」とは?個別指導塾の場合、...
別窓で開く

就活本に初めて「自己分析」の考えを取り入れた本として14年連続大学生協第1位のベストセラーを誇る『絶対内定』シリーズ。ただ内定をとるためだけではなく、「心から納得のいく進路が見つかる」「本当にやりたい仕事がわかる(やりたいことに気づける)」「自分らしく働ける会社と出合える」「入社してから『こんなはず...
別窓で開く

「東京に来たら『俺はGMARCHだから』とマウントをとられた」と語る関関同立の男性
画像はイメージ学歴は良くも悪くも自分の過去をはっきりと表す。キャリコネニュースの学歴をテーマにしたアンケートには、自身の学歴に「不満がある」人からの回答が複数寄せられている。関西大学出身で20代前半の男性は、「東京に来てみたら、『俺はGMARCHだから』とマウントをとられた。...
別窓で開く

夏まで「部活一筋」だった生徒、受験本番で力を発揮する3つの理由
画像はイメージ個別指導塾を経営・運営し、1500人の生徒をサポートした、プロ家庭教師の妻鹿潤です。受験シーズンもいよいよ本番。今年もまた、「部活一筋」だった生徒たちが引退後、急激に学力を伸ばす姿を見てきました。部活に力を入れていた生徒たちの中には、わずか4?5カ月で驚くほど成績を上げるケースがありま...
別窓で開く

ゆうちょ銀行が東証プライム市場から転落の崖っぷち! 週刊東洋経済が特集【ビジネス誌 読み比べ】
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。7月5日発売の「週刊東洋経済」(2021年7月10日号)は、「『東証1部』脱落の恐怖 ガ...
別窓で開く


<前へ1次へ>