本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



バイクなのに一方通行進入/自転車帯走行/駐輪場OK!? 三浦翔平さん「妻と一緒に走りたい」
電動モビリティのベンチャーglafitが、俳優の三浦翔平さんをブランドアンバサダーに起用。世界初「バイクを法的に自転車にする機構」を持つ電動バイクを、三浦さんも愛用しているようです。「自転車風」が本当の「自転車」になる装置 とある取材会場にて、電動バイクの交通ルールに関する次のような○×クイズが出さ...
別窓で開く

三浦翔平、今後は“三刀流”に意欲 「俳優しながら主夫、製品プロデュースも」
 「glafit(グラフィット)」戦略発表会が9日、東京都内で行われ、ブランドサポーターに就任した三浦翔平が出席した。 「glafit」は、電動バイク機能と自転車機能を併せ持つハイブリットバイク「GFR」を展開中。また、電動バイクと自転車を1台の車両で、法律上の取扱いにおいても、切り替えて使えるよう...
別窓で開く

三浦翔平「妻と一緒に走りたい」 電動バイク×自転車の二刀流バイクに興奮
俳優の三浦翔平が9日、都内で行われたglafit(グラフィット)戦略発表会に登場した。 glafitは、「日々の移動をタノシクするコンパクト電動バイク」をコンセプトに、電動バイク機能+自転車機能を併せ持つハイブリットバイク「GFR」を展開している。...
別窓で開く

glafitの電動バイク”ガツンと値上げ” ベンチャーを襲う資材不足と物価高の波
逆に言うと今がセール。自転車型は価格1.4倍、スクーター型は「未定」 電動モビリティベンチャーのglafit(和歌山市)は2022年9月30日(金)、同社製品の価格改定を行うと発表しました。 主力の自転車にもなる電動バイク「GFR-02」は、現在の販売価格19万8000円(税込み、以下同)から、一気...
別窓で開く

最新ガジェットと軽EV「サクラ」や電動マイクロショベルが一堂に会する体験型店舗“b8ta Pop-up Osaka ? Hankyu Umeda” 阪急うめだ本店で8月28日まで開催
米国サンフランシスコ発の体験型店舗“b8ta(ベータ)”を母体に、現在は有楽町、新宿、渋谷、越谷レイクタウンの国内4店舗を展開するb8ta Japanは、大阪初となるポップアップストア“b8ta Pop-up Osaka – Hankyu Umeda”(以下「b8ta梅田」)をオープン。...
別窓で開く

原付ナンバー隠し「法的に自転車にする」装置 放置駐車も対象外に 操作性さらにUP
原付扱いのペダル付き電動バイクのナンバープレートを隠すことで、法的にも自転車として認められるようになる装置、グラフィットの「モビチェン」リリース前の製品をキャッチしました。駐車の扱いなども、「自転車」になるようです。「状態が変化するモビリティ」に一定の解釈が与えられる 基本は原付バイク、ナンバーを隠...
別窓で開く

原付ナンバー隠せば「自転車」 道交法の扱い変える装置まもなく発売 法規制に一石
電動バイクの原付ナンバープレートを隠し、道路交通法上の取り扱いを変化、自転車帯や歩道も走れるようになる装置をglafitが間もなく発売します。電動モビリティの在り方に一石を投じることになりそうです。モビリティカテゴリーチェンジャー略して「モビチェン」 あるときは電動バイク、あるときは自転車、そのよう...
別窓で開く

ハイブリッドバイク「glafit」がフルモデルチェンジで登場!
オートバイ、とりわけ原チャリ(排気量50cc以下の原動機付自転車)に乗った経験がある人なら、交通量が少ない道路や坂道などを普通の自転車で走行した際に「エンジンが付いてりゃなあ…」と、それはもう常日頃から感じているはず。ペダルを漕がずに、エンジンの力だけでさーっと進んでいくあの快適さを自転車で体感でき...
別窓で開く

glafitが折り畳み式電動ハイブリッドバイクの新モデル「GFR-02」を発表 自転車としても公道を走れるペダル走行モードに対応
glafitは11月25日、Makuakeで1億2800万円を超える支援を集めた「ハイブリッドバイク GFR-01」の後継モデルとなる折り畳み式電動ハイブリッドバイク「ハイブリッドバイク GFR-02」を発表しました。...
別窓で開く

「法の扱いを変える装置」も後付けOK 自転車×EV原付のglafitバイク新型発表
自転車にも電動原付にもなるglafitの「ハイブリッドバイク」がフルモデルチェンジしました。全体のパフォーマンスを向上させ、コネクテッド技術も搭載。しかし発売日が明かされなかったのは、世界的な動きが関係しているそうです。...
別窓で開く


<前へ12次へ>