本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



戦争を繰り返さないために「現実の策」を立てなくてはいけない
ジャーナリストの有本香が8月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月15日に行われた全国戦没者追悼式について解説した。2022年8月15日、献花する岸田総理〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/ac...
別窓で開く

米中対立が激化するなか、日本はどんな進路をとるべきなのか。経済評論家の加谷珪一さんは「これまで日本の最大の貿易相手国は米国だったが、2015年以降は中国に変わっている。中国への輸出額はさらに増える可能性が高く、そうなれば日本は中国の言いなりになるしかない」という——。(第2回/全2回)※本稿は、加谷...
別窓で開く

台湾有事を画策する中国の本当の狙いは米軍をアジアから追い出すこと
ロシアによるウクライナ侵攻が起きたことによって、習近平主席の台湾併合戦争は早まったのでしょうか、それとも遅くなったのでしょうか? 中国が台湾に侵攻をした場合、米軍は台湾を助けために動くでしょう。しかし、今のバイデン政権では少し心もとないのも事実である。このままアメリカで民主党政権が続いたならば、中国...
別窓で開く

外務省調査で発覚。東南アジアでは中国が日本より信頼されている......ってガチ!?
中国がぐいぐい勢力を拡大しているのは知っていた。けれど、ついに「信頼」でも日本が負けた!? 衝撃の調査結果から、東南アジアの現状、そして台湾や太平洋をめぐる中国の壮大な野望を緊急分析!■"債務の罠"があっても魅力的なマネー「最も信頼できる国・機関」は「中国」が19%、「日本」が16%——。...
別窓で開く

「世界的に見て、東京都市圏は何番目に大きな街だと思いますか」地域エコノミスト・藻谷浩介が語る“一極集中の弊害”
 コロナの影響でリモートワークが当たり前になった現在、大都市東京から離れ2拠点生活や移住をする人が増えている。ノンフィクション作家の神山典士氏はこうした状況を「東京一極集中を解消する千載一遇のチャンス」と捉え、各地で新しい生き方を実践している人々と接してきた。自らも埼玉県ときがわ町に7LDKのシェア...
別窓で開く

<超過密の東京湾 >海上交通も一極集中、衝突・災害対策急務=産業立地や供給網見直しを
東京湾に日本の原油の3割、LNGの5割が巨大なタンカーで運ばれてくる。湾内のコンテナの取扱量は全国の4割を占め、首都圏の物流と住民の生活を支える。一日500隻の船が行きかう東京湾は世界一の超過密の海だ。安全のための対策は進んでいるが、自然災害も含めて湾内の海上交通に潜むリスクを認識し、首都圏一極集中...
別窓で開く

ウクライナの悲惨な戦争の惨状が連日世界に報じられる一方で、西側によるロシアへの経済制裁は、西側にもダメージを与え、消耗戦の様相を呈している。ロシアが軍事・経済用の輸入品確保に苦労する一方、西側諸国はロシア産エネルギーからの代替で苦戦し、エネルギー価格の上昇という大きな代価を払うことを強いられている。...
別窓で開く

安倍首相の不慮の死で日本では憲法改正が加速、軍事力増強も引き続き—香港誌
香港誌・亜洲週刊はこのほど、日本では安倍晋三元首相が殺害されたことで、安倍元首相の悲願だった憲法改正への動きが加速されると論じる、毛峰東京支局長の署名入り記事を発表した。以下は、同記事の主要部分の要約だ。■国内経済、防衛強化、同盟外交の形成に尽力安倍元首相は戦後日本の保守政治の最も重要な担い手として...
別窓で開く

ドイツは日本に中国への対応を学ぶ?—中国メディア
2022年7月12日、環球網は「ドイツが中国への対処方法を日本に習おうとしている」とする文章を掲載した。以下はその概要。ドイツのベアボック外相は10〜11日、就任後初めて日本を訪問した。11日に東京を離れる際には「ドイツは日本と肩を並べて戦うとともに、日本に学ぶ」と語り、世界のメディアに注目された。...
別窓で開く

「台湾併合」という歴史的偉業を実現したい習近平の個人的野望
中国を創設した毛沢東に、中国をGDP世界2位の経済大国に押し上げた鄧小平。この二人と比べると大きな実績のない習近平。彼が、この偉大な指導者たちに対抗するには「台湾併合」という歴史的偉業を実現するしかないのだろうか......。中国そして中国人の裏のウラまで知り尽くした石平氏と、米国の政治学者エルドリ...
別窓で開く


[ gdp 太平洋 ] の関連キーワード

ウクライナ 東南アジア アジア 外務省 ドイツ
東京湾

<前へ12345次へ>