本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の1970年代に相当する高度成長期を迎えたベトナム経済、「ロータス」の運用にみるベトナム株の魅力
 ファイブスター投信投資顧問が設定・運用する「ベトナム・ロータス・ファンド(愛称:ロータス)」は、2021年の1年間のトータルリターンが79.33%と類似ファンド分類平均(国際株式・エマージング・単一国・為替ヘッジなし)を54.97%上回った。ベトナムを投資対象国とするファンドの中でトップだった他、...
別窓で開く

プーチン、中国、北朝鮮、トランプ……2022年に『起きないこと』
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月14日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。産経新聞での連載「宮家邦彦のWorld Watch」に書いた記事『2022年に起きないこと』について解説した。...
別窓で開く

<W解説>「先進国」扱いに歓喜する韓国、求められる国家の成熟度はどうする?
国連貿易開発会議(UNCTAD)は2日(現地時間)、スイス・ジュネーブの国連本部で開いた会議で、韓国の地位を「開発途上国」から「先進国」に変更する案を議決した。UNCTADは、1960年代に先進国と開発途上国との経済格差問題「南北問題」が指摘され始めたことを受け、1964年に設置された政府間機関。...
別窓で開く

総合的な実力を見れば分かる「日本は大国としての条件を兼ね備えている」=中国
 米誌「USニューズ&ワールドレポート」が発表した「世界で最も強い国ランキング」の2020年版では、1位が米国、2位がロシア、3位が中国となっており、日本は7位だった。日本は実力ある国だと評価されていると言えるが、中国メディアの百家号はこのほど、日本の総合的な実力について分析する記事を掲載した。...
別窓で開く

確かに日本は強いが、もはや4つの点で中国には追いつけない!=中国メディア
 中国メディア・騰訊網は23日、「日本は発展しているが、わが国は4つの点ですでにはるかに日本を超越している」とする記事を掲載した。 記事は、近現代に日本は大いに発展し、アジアで最も先進的な国になり、経済、工業、技術、教育などバランスの取れた全体的な発展により、その実力は非常に高いと紹介した上で「わが...
別窓で開く


<前へ1次へ>