本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「中国が脅威になることはない」知の巨人エマニュエル・トッドが語った「世界の正しい見方」
「GDPで測られる『経済力』はもはやフィクションにすぎず、リアルな経済的実態を反映していないのです」——欧米を代表する「知の巨人」エマニュエル・トッド氏がGDPを「時代遅れの指標」と語る意味、そしてGDP2位の中国が「世界の脅威」になりえない理由とは? トッド氏の新刊『 我々はどこから来て、今どこに...
別窓で開く

中国を襲う深刻な「水問題」—仏メディア
仏国際放送局ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)中国語版は18日、中国では水をめぐる問題が起きているとする仏紙ルモンドの記事を紹介した。記事によると、中国の水問題と食糧問題に詳しいオックスフォード大学のGenevieve Donnellon-May氏は「中国は深刻な水問題を抱えている」と指...
別窓で開く

世界と大きな差がついてしまった「日本の軍事産業」
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「防衛装備品の海外輸出を国主導で推進する」という政府の方針について解説した。※画像はイメージです防衛装備品の輸出を国の主導で推進、国家安全保障戦略に明記へ政府は防衛装備品の海外...
別窓で開く

6兆2000億円の対策ではまったく足りない  物価高対応の「話にならない」緊急対策
数量政策学者の高橋洋一が4月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。原油価格や物価の高騰に対して政府が決定した緊急対策について解説した。...
別窓で開く

ノーベル賞受賞学者が現在のロシアを“1944年の敗戦前の日本の姿、非自発的自立経済国”と批判=韓国報道
国際社会から超強度の経済制裁を受けているロシアの経済について、ニューヨーク市立大学の教授であり世界的な経済学者ポール・クルーグマン氏が第2次世界大戦末期の日本と似た状況だと分析した。クルーグマン氏は4日(現地時間)、ニューヨークタイムズ(NYT)に寄稿したコラムで「現在、ロシアはグローバル経済システ...
別窓で開く

ロシアへのSWIFT制裁、効き目は? 山口真由「ロシアは準備している可能性が」
ウクライナ侵攻したロシアに対し、アメリカ、イギリス、EUなどは26日(2022年2月)、ロシアを孤立させるための制裁が必要としてSWIFT(国際銀行間通信協会)からロシアの特定の銀行を排除すると発表した。SWIFTとは、世界各国の金融機関が貿易決済などに使うシステムで、排除されると商品を輸出しても代...
別窓で開く

プーチン、中国、北朝鮮、トランプ……2022年に『起きないこと』
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月14日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。産経新聞での連載「宮家邦彦のWorld Watch」に書いた記事『2022年に起きないこと』について解説した。...
別窓で開く

<W寄稿>韓国が先進国になっただと?この一か月の間、日本や東京オリンピック関連の出来事
文化体育観光部(韓国の部は日本の省に該当)が7月8日に国家政策広報資料をホームページにアップした。大きな文字で詰められた資料の内容はこうだった。「衰退する日本、先進国へ格上げされた韓国。日本、コロナ禍への防疫失敗と景気沈滞で国力の低下継続。朝日新聞『日本政府の無能』批判(7月5日付、『輸出規制は自殺...
別窓で開く


<前へ1次へ>