本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年12月初め、中国の習近平主席がサウジアラビアのリヤドに降り立った。その歓迎ぶりが、数カ月前に降り立ったアメリカ大統領のバイデンに比べ格段上のものであったことに、世界中は驚いたはずだ。それは、何もサウジアラビアが中国にとりわけご執心だという意味からではない。最近、アルゼンチンが優勝したサッカ...
別窓で開く

日米首脳会談 内容の濃い会談だったが、イベント性と発信力に欠けていた
産経新聞ワシントン支局長の渡辺浩生氏が1月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。1月13日に行われた岸田総理と米バイデン大統領の会談について語った。...
別窓で開く

いまや日本円の価値は下がり、日本経済の成長も長期的には期待薄……。米国経済も、Twitter、Meta(Facebook)、Amazon、HPとリストラを実施する大手企業が続々と増え、いっときの“米国株ブーム”は過ぎ去った。そこでいま注目されるのが「グローバル投資」だ。米国の富裕層の間では、米国以外...
別窓で開く

師走相場も、はや中盤に差しかかった。まずは終わった11月を振り返ると、11月末の日経平均株価は2万7968円99銭だった。10月末は2万7587円46銭で、1カ月の上げ幅は381円53銭、率にして1.39%だった。この11月の日経平均の実績は、MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)の+17.4%に比...
別窓で開く

世界と大きな差がついてしまった「日本の軍事産業」
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「防衛装備品の海外輸出を国主導で推進する」という政府の方針について解説した。※画像はイメージです防衛装備品の輸出を国の主導で推進、国家安全保障戦略に明記へ政府は防衛装備品の海外...
別窓で開く

114万人が食糧不足 アフリカの島国「マダガスカル」の今とは?世界平均の1割を下回るGDP、固有種が絶滅危機、医療砂漠……“動物の楽園”というイメージとかけ離れた現状をご紹介
 今回紹介するのは、ゆっくり!世界の国解説! さんさんが投稿した『【マダガスカル 徹底解説!!】 不思議の島マダガスカルってどんなとこ!? #ゆっくり解説 #マダガスカル』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、アフリカの島国である「マダガスカル」の現状について解説します。...
別窓で開く

日本の1970年代に相当する高度成長期を迎えたベトナム経済、「ロータス」の運用にみるベトナム株の魅力
 ファイブスター投信投資顧問が設定・運用する「ベトナム・ロータス・ファンド(愛称:ロータス)」は、2021年の1年間のトータルリターンが79.33%と類似ファンド分類平均(国際株式・エマージング・単一国・為替ヘッジなし)を54.97%上回った。ベトナムを投資対象国とするファンドの中でトップだった他、...
別窓で開く

プーチン、中国、北朝鮮、トランプ……2022年に『起きないこと』
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月14日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。産経新聞での連載「宮家邦彦のWorld Watch」に書いた記事『2022年に起きないこと』について解説した。...
別窓で開く

景気の実感とGDPがかけ離れている理由がわかった!
モノを中心とした実体経済から金融を中心としたヴァーチャルな経済への転換によって、ミドルクラスが減少し、こんにちの格差社会が生じた。本書「金融化の世界史」は、欧米の歴史を見直し、行き過ぎた金融部門の肥大に警鐘を鳴らす本である。「金融化の世界史」(玉木俊明著)筑摩書房■ピケティへの違和感から始まった著者...
別窓で開く

広東省のGRPが「韓国超え」か、「アジア四小龍のすべて超越」=中国報道
 世界第2位の経済規模を持つ中国において、最も域内総生産(GRP)の大きい省は「広東省」だ。広東省は30年以上にわたって中国国内のGRPトップの座を維持し続けている。 中国メディアの百家号は3日、広東省のGRPが韓国の国内総生産(GDP)を超えることが確実になったとし、広東省は「アジア四小龍」のすべ...
別窓で開く


[ gdp フランス アジア ] の関連キーワード

マダガスカル アフリカ ベトナム ロータス アジア
gdp 北朝鮮

<前へ123次へ>