本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



経済成長論の権威であり、フランスをはじめ、世界最高峰の大学で教鞭をとるアギヨン教授が行った連続講義をまとめた書『創造的破壊の力:資本主義を改革する22世紀の国富論』の邦訳がついに出版された。20世紀の偉大な経済学者シュンペーターが提唱した「創造的破壊」をベースに資本主義の未来を語る本書から、経済成長...
別窓で開く

ルクセンブルクという国を知っているだろうか。欧州にある小国で、面積は神奈川県ぐらいしかない。ドイツ・フランス・ベルギーに囲まれた内陸国で、日本からアクセスする場合はドイツのフランクフルトやフランスのパリから行くのがポピュラーだ。この小さな国が最近、交通関係者の間で注目されている。2020年3月から公...
別窓で開く

さまざまなメディアで報道される国際情勢の今。表面的にはわからないその「ウラガワ」を戦略学者が読み取ります。■国家のパワーは3要素で決まる現状、国際政治における国家のパワーは1位アメリカ、2位中国、そして3位が日本とされています。しかし、こんなに活気のない国が、本当に世界3位なのか……。日本人の私たち...
別窓で開く

政治色の強いW杯で選手たちが発信する様々なメッセージ。米メディアは皮肉交え独自の観戦ルールを提言「かつての宗主国ではなく植民地を応援する」
カタール・ワールドカップのグループリーグ初戦、日本代表に1-2の逆転負けを喫したことが世界レベルの大きな話題となっているドイツ代表だが、この一戦の前のある行動も注目を集めることとなった。  試合前の集合写真撮影の際、彼らは揃って自らの手を口で覆うしぐさを見せた。...
別窓で開く

中東が初めて舞台となったサッカーワールドカップ(W杯)がペルシャ湾岸の小国カタールで11月20日開幕した。23日夜には日本の初戦も控えており、日本でも一気に関心が高まると思われる。が、きらびやかな会場での盛り上がりの一方、大会の費用や出稼ぎ労働者などをめぐって欧米から批判も出ている。今回の大会は「最...
別窓で開く

「そっか、日本と韓国って」と検索したことがあるだろうか?「韓国へのイライラ、日本へのモヤモヤがいっきに解消する」「グローバルな視点で、確かな学術論文に依拠しつつも、爆笑エピソードが満載で、絶対にこの著者にしか書けない」と話題を呼び、『週刊ダイヤモンド』『PRESIDENT』等のビジネス誌の書評、およ...
別窓で開く

「中国が脅威になることはない」知の巨人エマニュエル・トッドが語った「世界の正しい見方」
「GDPで測られる『経済力』はもはやフィクションにすぎず、リアルな経済的実態を反映していないのです」——欧米を代表する「知の巨人」エマニュエル・トッド氏がGDPを「時代遅れの指標」と語る意味、そしてGDP2位の中国が「世界の脅威」になりえない理由とは? トッド氏の新刊『 我々はどこから来て、今どこに...
別窓で開く

22世紀、選挙はアルゴリズムに?...民主主義「再発明」する革命的な提案、話題の一冊
経済学者・データ科学者の成田悠輔さんの著書「22世紀の民主主義」(SB新書)が、20万部を突破するベストセラーになっている。副題が「選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる」。一見すると突拍子もない主張だが、選挙や政治、民主主義というゲームのルール自体を作り変えようという提案だ。...
別窓で開く

暴言で引退の泉房穂・明石市長 殺害予告が100件超でもめげず…駆り立てた“原体験”
「市民のみなさん、全国のみなさんには申し訳なかったと思っています。政治家を続けたい、続けられないとかではなく、暴言が事実である以上、政治家を辞めるしかないという結論です。ツイッターを止めたのも、一定の説明責任を果たしたのであれば、ここは一端止めるべきだという判断です。...
別窓で開く

<少子化加速>国の存続、危機的状況=出産・子育て支援へ大胆政策必要—出産一時金の大幅増額を
少子化に関するショッキングなデータが相次いで発表された。国内で今年上半期に生まれた赤ちゃんは約38万5000人にとどまり、前年同期より2万人以上落ち込むとともに、初めて40万人を割り込んだ。若い独身女性の中で、結婚したら子供を持つべきだと考える人がわずか36%程度にとどまっていることも明らかになった...
別窓で開く


[ gdp フランス ] の関連キーワード

ルクセンブルク カタール gdp トッド

<前へ12345678次へ>