本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本国民は「一致結束して戦い抜くのだ」という覚悟を持てるか ウクライナと同じことが日本に起きても不思議ではない
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が9月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

「2%をどう達成するか」という議論は本末転倒 防衛費「NATO基準」GDP比2%に
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が9月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。政府が「5年間でGDP比2%の増額を目指す」とする防衛費の増額について解説した。※イメージNATO基準 〜5年間でGDP比2%の防衛費増額を目指す政府は防衛費の増額について、NATO基...
別窓で開く

「台湾有事は日本有事」に。あおられた沖縄県知事選が占う、日本の安全保障の近未来
『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、日本の今後の運命を占う沖縄県知事選に注目する。(この記事は、8月29日発売の『週刊プレイボーイ37号』に掲載されたものです)* * *沖縄県知事選(8月25日告示・9月11日投開票)に注目している。...
別窓で開く

有事の場合にアメリカは本当に来るのか? 台湾世論が「懐疑的」な理由 〜台湾とウクライナの共通項
数量政策学者の高橋洋一が8月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日華懇会長の訪台、また中国経済の実情について解説した。台湾島周辺で空前規模の実戦的合同演習 東部戦区〔新華社=中国通信〕=2022年8月4日 中国通信/時事通信フォト古屋日華懇会長が台湾訪問、蔡総統と会談超...
別窓で開く

経営再建の行方は?...東洋経済「東芝の末路」、ダイヤモンド「軍事ビジネス&自衛隊」、エコノミスト「鉄道復活の条件」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■株式非公開化となるのか?「週刊東洋経済」(2022年8月27日号)は、「東芝の末路」と...
別窓で開く

「黄金の3年」手にした岸田氏...安倍元総理不在が及ぼす政策への影響とは
第26回参議院選挙で、与党が大勝した。衆院を解散しない限り2025年までは国政選挙がなく、岸田文雄首相にとっては選挙を気にすることなく政策に打ち込める「黄金の3年間」を手にしたことになる。■「後ろ盾」安倍氏不在、「アベノミクス」軌道修正ありうるか?「難局を乗り切るためには平時ではない、有事の政権運営...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■おふたりさまのうちにできる準備を進めよう「週刊ダイヤモンド」(2022年7月16・23...
別窓で開く

「円安」「物価高」を放置する岸田首相 「節電ポイント」で高齢者の命が危険に
「安いニッポン」と言われて久しいが、事態は新局面に突入している。物価高、円安、賃金安。日本経済を取り巻く負のスパイラルに庶民はあえぐばかり。だが、総理も日銀総裁も有効打を放つことなく、まるで人ごとのようだ。人はそれを愚策、いや無策と呼ぶ。 *** 岸田政権が船出して、はや9カ月が経過。...
別窓で開く

「イエス」。今年5月、日米首脳会談後の記者会見に臨んだバイデン米大統領は、「台湾防衛に軍事的に関与する意思はあるか」との質問に即答した。米台断交後に米軍の台湾関与を言い切った米大統領は初めてで、東アジアにおいて中国の軍事的プレゼンスがいかに大きくなってきたかを示すものだ。防衛力を5年以内に抜本的に強...
別窓で開く

日本維新の会・馬場伸幸共同代表 「岸田内閣になく日本維新の会にある最大の政策は“身を切る改革”」
日本維新の会の馬場伸幸共同代表が7月4日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。参院選における日本維新の会の公約について語った。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」日本維新の会への理解が深まっている6月22日に公示された参議院選挙は、7月10日に投開票を迎える。...
別窓で開く


<前へ12次へ>