本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタに迫る3つの試練とは?...東洋経済「独走トヨタ」、ダイヤモンド「激変!大学」、エコノミスト「世界経済総予測」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く

中国が「第3のリスク」に! 自国製ワクチン信じない「ロックダウン」は世界経済のアダ?
ロシアのウクライナ侵攻、米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派姿勢に次いで、中国が「世界経済第3のリスク」に急浮上した。オミクロン株感染急拡大中の中国では、「ゼロコロナ」政策のもと、ロックダウン(都市封鎖)が相次ぎ、経済への悪影響が懸念されているのだ。エコノミストたちの分析を読み解くと——。...
別窓で開く

ロシア・デフォルトの衝撃! エコノミストが注目...「中国の動向」と「米国中間選挙の大波乱」【ウクライナ侵攻】
ウクライナ侵攻を止めないプーチン大統領に対する強い経済制裁によって、ロシア国債のデフォルト(債務不履行)のカウントダウンが始まったようだ。2022年3月、欧米の格付け大手会社が相次いでロシアの信用格付けの大幅引き上げを発表した。ロシア国債利払い期限が3月16日に迫っており、デフォルトに陥る危険性が高...
別窓で開く


<前へ1次へ>