本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



金融市場のゆがみや放漫財政が招く「日本の壁」=持続的発展を阻害—田村彰元日銀システム情報局長
国連が主導する国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)が世界に浸透してきている。SDGsは17の目標と169のターゲットにより構成される極めて多面的な目標であるが、その中核となる概念は、地球、国家、企業、個人が短期的な持続ばかりではなく、中長期的に見てもサスティナブル(持続的)に発展し続けられる...
別窓で開く

ユニクロは“安い服”なのか? 谷原章介の発言で議論に…日本の貧困が深刻化
谷原章介 (C)まいじつ朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)の司会者を務めながら、番組内での失言によってしばしば視聴者を怒らせている俳優の谷原章介。最近では、リスキリング支援強化に関する話題で〝女性活用〟と発言し、炎上した件が記憶に新しい。【関連】谷原章介「女性活用」発言が波紋…違和感を訴える...
別窓で開く

ベトナム経済の回復が加速—中国メディア
2023年1月31日、中国メディアの海外網は、ベトナムの昨年の経済成長率が8%を超え、経済回復が加速していると報じた。記事は、ベトナム統計総局が先日発表した統計で、2022年のベトナムの国内総生産が前年比8.02%増の4090億ドル(約53兆2000億円)となり、初めて4000億ドルの大台を突破する...
別窓で開く

インドは中国に代わって「世界の工場」になるか
中国ビジネスを語る場合、中国の体制やその他の要因からくる「チャイナリスク」論がよく聞かれる。その際、「次はインドの時代だ」という声がある。中国とインドは、人口大国で、急速な経済発展を実現したという共通点があるのがその一因だ。中国はこれまで「世界の工場」といわれ、世界の有名企業の製品を加工して輸出して...
別窓で開く

■「中国人の8割が新型コロナに感染した」と発表中国で新型コロナ感染が爆発している。折しも1月21日から、旧正月(春節)に合わせた7日間の大型連休に突入。世界最大の移動を引き起こすとも言われる期間へと入り、農村部への帰省ラッシュが起きている。高齢者の多い農村部各地では、感染リスクが一段と高まった。米ワ...
別窓で開く

中国はすでに台湾統一の能力を備えたのに、なぜ遅々として動かないのか—中国メディア
2023年1月23日、中国メディアの騰訊新聞は、「国際秩序の面から、中国と台湾だけでなく、世界各国が注目する中台両岸関係については、1949年に国民党が台湾へ敗走して以来、いまだ解決の糸口が見えていない」として、「台湾に対して軍事的に圧倒的な優勢にある中国がなぜ両岸統一に時間をかけているのか」につい...
別窓で開く

 世界銀行はこのほど発表した2023年の世界経済見通しで、タイの2023年の国内総生産(GDP)成長率を、昨年6月の4.3%から下方修正し、3.6%と予測した。一方、観光や輸送など、人との接触機会が多い業種が回復に向かうと指摘した。 タイを含む東アジア・大洋州地域(EAP)のGDP成長率は4.3%に...
別窓で開く

ベトナムが高速鉄道建設で日本に支援要請、日本が「あまり積極的でない」理由—華字メディア
2023年1月23日、華字メディア・日本華僑報網は、ベトナムからの高速鉄道建設支援要請に対し、日本が慎重な姿勢を崩していないとする記事を掲載した。記事は、ベトナムのファム・ミン・チン首相が9日にハノイで菅義偉前首相と会談した際、日本に政府開発援助(ODA)を利用した高速鉄道建設などでの援助を明確に要...
別窓で開く

コロナ後のインバウンド、どこまで回復するか?...中国人観光客への期待と懸念、訪日客受け入れ態勢は不安
新型コロナウイルスの感染対策として約2年半続いた水際対策が2022年秋に大幅に緩和されたことで、訪日外国人観光客(インバウンド)が本格的に回復しそうな勢いだ。23年末には年率換算2000万人を越えるといった予測も出ている。ただ、インバウンドの中心だった中国人観光客の動向は不透明であるなど、今後にはさ...
別窓で開く

2022年下半期(7月〜12月)、プレジデントオンラインで反響の大きかった記事ベスト5をお届けします。政治経済部門の第5位は——。(初公開日:2022年10月28日)「毎年借金が膨らむ日本は近い将来財政破綻するのでは」と心配する人がいる。経済アナリストの森永康平さんは「日本が財政破綻することはない。...
別窓で開く


[ gdp アジア ] の関連キーワード

ギリシャ リベンジ ベトナム インド