本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界と大きな差がついてしまった「日本の軍事産業」
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「防衛装備品の海外輸出を国主導で推進する」という政府の方針について解説した。※画像はイメージです防衛装備品の輸出を国の主導で推進、国家安全保障戦略に明記へ政府は防衛装備品の海外...
別窓で開く

バイデン氏「できることがたくさんある」、トラス氏「我々は国防費増大を」…米英会談
 【ニューヨーク=田島大志、ロンドン=池田慶太】英国のトラス首相は21日、就任後初めて、米国のバイデン大統領とニューヨークで会談し、国防費を国内総生産(GDP)比3%に引き上げる方針を伝えた。両首脳はロシアの侵略を受けるウクライナへの支援を巡り、緊密な連携を維持す...
別窓で開く

台湾有事が起きても「弾薬も弾薬庫もない」日本の現状
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が9月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。防衛省が独自製造の検討に入った輸血用血液について解説した。陸上自衛隊「富士総合火力演習」に参加した19式装輪自走155mmりゅう弾砲(右)。...
別窓で開く

ロシア・中国不在の国際秩序が存在しえないなかで「国連改革」は本当に可能なのか
ジャーナリストの佐々木俊尚が9月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。国連改革について解説した。北京で、記念撮影に応じる中国の習近平国家主席(右)とロシアのプーチン大統領(中国・北京) 撮影日:2022年02月04日 AFP=時事 写真提供:時事通信岸田総理、国連総会で演...
別窓で開く

ボリス・ジョンソン氏に代わってイギリスの新首相となったリズ・トラス氏は何者なのか。ロンドン在住ジャーナリストの木村正人さんは「トラス氏は過去にダブル不倫を報じられたが、イギリスではプライベートな問題で不問とされている。彼女にはサッチャー元首相の呼称をもじった『鉄の女2.0』という異名がある」という—...
別窓で開く

「岸田不況」という悪夢 専門家も呆れる「所得の国外流出」「LNG大型契約打ち切り」の大失態
 小麦、大豆、肉、原油……。日々の生活に欠かせない品々の価格高騰が止まらない。先ごろ、政府が発表した物価高対策も弥縫策の域を出ず、日本はすでに“経済無策”によって「岸田不況」に突入していると、専門家は警鐘を鳴らす。 *** 9月9日、首相官邸で開かれた「物価・賃金・生活総合対策本部」において、低所得...
別窓で開く

SCO発足21年、GDPは世界の25%を占める13倍に拡大—中国メディア
上海協力機構(SCO)メンバー国首脳理事会第22回会議が9月14日から16日にかけて、ウズベキスタンのサマルカンドで開催され、中国の習近平国家主席が出席する予定です。上海協力機構は2001年に発足し、創設時のメンバー国は中国、ロシア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタンの6カ国でした...
別窓で開く

日本国民は「一致結束して戦い抜くのだ」という覚悟を持てるか ウクライナと同じことが日本に起きても不思議ではない
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が9月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

「主要国の中でほぼ“一人負け”」円安、インフレ…なぜ日本だけが賃上げできないのか?
 なぜ日本経済だけが、ここまで弱ってしまったのか——。安宅和人、河野龍太郎、尾河眞樹、小林慶一郎の4氏が日本経済の現状を徹底討論した座談会「『日本ひとり負け』戦犯は誰だ?」(「文藝春秋」2022年10月号)を一部転載します。◆◆◆■ロシア経済も疲弊していないのに…小林 世界各国でインフレが加速してい...
別窓で開く

欧州中銀、「勝算なき」大幅利上げ! エコノミストはこう見る「欧州はスタグフレーションに」「円安加速」「ロシアの報復の最悪シナリオは...」
ロシアのウクライナ侵攻を契機に世界的にインフレの危機が高まるなか、欧州中央銀行(ECB)は2022年9月8日、急激な物価高を抑えるために0.75%という大幅な利上げを決めた。これで米FRB(連邦準備制度理事会)とともに欧米で大幅な利上げが進むことになる。対照的に日本では、金利を低く抑えているため、円...
別窓で開く


[ gdp ロシア ] の関連キーワード

エリザベス ウクライナ sco gdp ロシア
lng トラス