本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



JALが成田空港に「でっかい定温庫」設置 国内空港最大! 敷居高い「医薬品」輸送に対応
JALにとっても初めての取り組みだそうです。面積は840平方メートル JAL(日本航空)が2022年10月より、医薬専用定温庫「JAL MEDI PORT」を成田空港貨物ターミナル地区に新設しました。この定温庫は国内空港内の設備では最大となる総面積840平方メートルの大きさをもちます。また同社がこう...
別窓で開く

■日本の人口は2050年までに2割減少経済成長の下方圧力をどう克服 日中国交正常化から9月で50年。日本は2010年にはGDP(国内総生産)で中国に逆転され、その後も差は開くばかりだが、これからどうなるのか。 未来を考える出発点は、人口の変化を知ることだ。 国際連合が世界各国についての将来人口推計(...
別窓で開く

日中協力、故郷に緑戻る 群馬の中国人男性ら桜など10万本植樹
 故郷の荒れた山を日本の桜でいっぱいにしたい——。1人の留学生の強い思いが実りつつある。中国湖南省出身で群馬県高崎市に住む会社員、蒋雄軍さん(43)は2007年、環境破壊が進む故郷で植樹プロジェクトを始め、これまでに桜や松など10万本以上を植えてきた。日中両国の関係者の協力で乾いた土地に豊かな自然が...
別窓で開く

ロシア成長率見通しを上方修正=西側制裁へ予想以上に対応—世銀
 【ワシントン時事】世界銀行は4日、2022年のロシアの実質GDP(国内総生産)見通しを前年比4.5%減と、6月発表の従来予想(8.9%減)から大幅に上方修正した。ウクライナ侵攻をめぐり対立する西側の経済制裁を、迅速な資本規制や大規模な財政出動などで「予想以上にうまく乗り切っている」(世銀)と指摘し...
別窓で開く

9月29日、日本と中国は日中国交正常化50周年を迎えました。10月16日に開幕する中国共産党の全国代表大会では、習近平党総書記の3期目続投が決まる予定で、まさに日中両国は「新時代」を迎えようとしています。この「新時代」に大きな影を落としているのが「台湾問題」です。近年、アメリカの台湾への関与姿勢が強...
別窓で開く

 経済協力開発機構(OECD)は3日、国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出の割合(2019年時点)を発表し、日本は2・8%と、データのある加盟37か国中36位だった。前年の同率最下位からは改善したが、依然として低い状況が続く。...
別窓で開く

驚異的「円安ドル高」が大リーグを目指す日本人選手に与える“意外な影響”
(メジャー挑戦を表明した阪神・藤浪(C)共同通信社)【メジャーリーグ通信】 値上げの10月がやって来た。帝国データバンクの調査では、10月に値上げされる食品や飲料の数は6699品目で、9月の約2.8倍、2022年に入って最多となる。 さらに、為替相場も9月22日に一時、1ドル=145円台を記録すると...
別窓で開く

防衛予算が増えたように見せかけるための、政府の“出来レース”「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」に須田慎一郎が指摘
ジャーナリストの須田慎一郎が10月3日(月)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。先月30日(金)に初会合が行われた「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」に言及。「NATO基準を導入し、防衛予算が増えたように見せかけるための、政府の出来レース」だと指摘した。...
別窓で開く

防衛予算を増やさずとも、見かけ上は増えたようになる「カラクリ」
ジャーナリストの須田慎一郎が10月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議について解説した。※画像はイメージです国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議政府は9月30日、防衛力の抜本的強化に向けて、「国力としての防衛力を総合的に...
別窓で開く

【100万円増額計画】日銀が抜いた「伝家の宝刀」 円買い介入に北大と同志社大はどうしたか!?【FX大学対抗戦 第17節】
ドル円相場が1ドル=145円台後半まで円安が進んだことを受けて、2022年9月22日夕方、日本政府と日本銀行はドルを売って円を買う、為替介入に踏み切った。急激な円安に歯止めをかけるためだ。円買い介入は1998年6月以来、24年3か月ぶり。当時は、証券会社や銀行の経営破たんが相次いだ、未曽有の金融危機...
別窓で開く