本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プライマリーバランス、2025年度の黒字化は可能? 政府試算の「欺瞞性」をあばく!
内閣府は2022年1月14日の経済財政諮問会議で、新たな中長期財政試算を示した。政府が2025年度の黒字化を目指す国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)について、26年度にも黒字化すると試算。歳出改革を続ければ、25年度の目標達成は可能とした。だが、この説明を信じている人は、霞が関で...
別窓で開く

超高層ビルの高さを見れば、日中の実力差が見えてくる=中国
 中国は2010年に国内総生産(GDP)で日本を抜き、世界第2位の経済大国となった。自信をつけた中国は、様々な分野で日本を超えたと自負しているようで、それには「超高層ビルの高さ」も含まれているという。中国メディアの百家号はこのほど、中国と日本の実力差はビルの高さにも表れていると主張する記事を掲載した...
別窓で開く

近年、さまざまな経済指標で「日本の独り負け」が目立つ一方、隣国・韓国は緩やかに経済成長を続け、日本を追い抜こうとしている。現地で緊急インタビュー!◆日韓逆転を実感しつつも格差拡大への不安も残る平均賃金や一人当たり実質GDPなど、さまざまな経済指標で日韓の逆転が始まっている。数字で見る両国の競争力の逆...
別窓で開く

アメリカは日本の1.5倍以上の値段!? ビッグマックの価格から知る、日本の貧しさ
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「失われた30年」です。日本は次第に貧しくなった。その自覚を持って。日本経済は、バブルが崩壊した1990年代の初めから低迷が続いており、「失われた30年」と呼ばれています。...
別窓で開く

日本を代表する企業家は「経済面で日中は分離不可」と主張—香港・亜洲週刊
香港メディアの亜洲週刊はこのほど、経団連、日本・東京商工会議所、経済同友会の経済主要3団体が5日に開催した新年祝賀会を紹介する、毛峰東京支局長の署名入り記事を発表した。出席した岸田文雄首相は、米中の対立という状況にあって、日本は「したたかな外交」が必要との考えを示した。...
別窓で開く

なぜ高速道路料金は高額なのか? 元トヨタ副社長、「定額化」こそ経済活性のカギ!
「モノの流れ」「人の流れ」の沈滞こそが、地域間の格差の元凶であるとして、高速道路の料金定額化を訴えているのが、本書「地域格差の正体」(クロスメディア・パブリッシング発行、インプレス発売)である。高速道路を「400円乗り放題」にするだけで、国内総生産(GDP)は35兆円増えるという主張に耳を傾けてみた...
別窓で開く

「まん延防止」拡大で悪化する日本経済 「しわ寄せが女性にいく」とエコノミスト分析
オミクロン株の感染大爆発が止まらない。2022年1月21日から「まん延防止等重点措置」が東京都など1都12県に発令され、先行する広島など3県と合わせて計16都県が対象になる。大阪府など関西3府県も21日に「まん延防止」適用を政府に要請する方針だ。いったい、日本経済はどうなるのか。シンクタンクの分析を...
別窓で開く

「敵基地攻撃」は戦後防衛政策の転換点に=問われる「専守防衛」との整合性—岸田政権で急浮上
「専守防衛」を基本理念とするわが国の防衛政策に大きな転換をもたらす動きがにわかに浮上している。岸田文雄首相は昨年12月6日の所信表明演説で、弾道ミサイルを相手国の領域内で阻止する敵基地攻撃能力の保有も含め「あらゆる選択肢を排除せず現実的に検討する」と述べた。...
別窓で開く

経済政策からエネルギー政策まで! 維新の勢いに負けない、自公政権に取って代われる新しい立憲の「ビジョン」を聞く! 古賀茂明×泉 健太の特別対談
昨年の衆議院選挙で議席を減らし、野党第1党としての存在感が揺らいでいる立憲民主党。新代表に就任した泉 健太(いずみ・けんた)衆議院議員は、どんな捲土重来の策を考えているのか? 一番気になる経済政策を軸に古賀茂明(こが・しげあき)氏が根掘り葉掘り聞いた!(この記事は、1月17日発売の『週刊プレイボーイ...
別窓で開く

国家に匹敵するほどの経済規模を持つ東京、上海との差はどれほどか=中国
 北京市、上海市、広州市、深セン市の4都市は中国で最も経済的に発展している都市だ。北京市は1月6日、「2021年における域内総生産(GDP)が4兆元の大台を突破したと見られる」と発表し、中国で初めて経済規模が4兆元を超えた都市となった。1元=0.16ドルで計算すれば、4兆元は約6400億ドルに相当す...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

アメリカ トヨタ マック