本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2021年10月30日、G20(金融世界経済に関する首脳会合)は大企業への各国共通の法人税15%以上の最低税率に最終合意した。しかし、先頃発覚した「パンドラ文書」では、G20参加国トップを含む世界のスーパーリッチによる租税回避が暴露されている。もやもやとした矛盾を感じるのは筆者だけだろうか?(税理士...
別窓で開く

岸田文雄新政権が、成長だけでなく分配が大事という「新しい資本主義」を打ち出して、分配が話題になるかと思ったら、どうやら成長が話題になっているようだ。1990年以降、他の国の賃金が上がっているのに日本の賃金だけがほとんど上がっていない。事実を確認した上で、なぜ日本の賃金が上がっていないのか、どうすれば...
別窓で開く

世界の格差是正なるか? 7月合意を目指す“グローバルミニマム税”とは
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「グローバルミニマム税」です。世界に広がる格差緩和を期待して、7月合意を目指す。グローバルミニマム税は、タックスヘイブン(租税回避地)問題の対処法として掲げられました。...
別窓で開く

巨大グローバル企業の税逃れ許すな OECD新ルール合意もカズレーザーは「甘さ」指摘
法人課税という硬い話題が、2日(2021年7月)の「めざまし8」抽出のSNS最新ニュースランキングの1位に上った。「OECD(経済協力開発機構)が法人税率を最低15%とすることで大枠合意しました」と永島優美アナウンサーが伝えた。各国が企業誘致しようと繰り広げる税率引き下げ競争を防ぐためだ。日本をふく...
別窓で開く

デジタル課税〜米中のデジタル・ネットワークの間で日本の進むべき道は
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月29日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。デジタル課税について解説した。ヨーロッパ委員会がデジタル課税導入を改めて検討インターネットを通じ国境を超えてビジネスを展開する巨大IT企業への課税、いわゆるデジタ...
別窓で開く


<前へ1次へ>