本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岸田文雄首相が「新しい資本主義」というキャッチフレーズを掲げている。その中身はまだ不透明だが、資本主義の見直しに、国民の関心が集まっているのは確かだ。本書「サステナブル資本主義」は、持続可能な社会を実現する新しい「資本主義」がどうすれば実現するかを論じた本だ。...
別窓で開く

社名変更しても嫌われ? 米成人の3/4が「FaceBookは社会に悪影響」と回答
 新しい社名に馴染むにはもう少し時間がいるのかもしれない、旧「フェイスブック」の「メタ」。未だ実現していない仮想現実空間の「メタバース」を社名に冠する辺りが違和感を抱かせるのか、それは正式な社名にも表れているようで。...
別窓で開く

日本の「主権」が米中に奪われかねない
 デジタル庁が発足し、新聞には毎日のように「デジタル・トランスフォーメーション」(DX)の文字が躍る。まさに一億総デジタル。良いことづくめのように語られるデジタル改革だが、本書『デジタル・ファシズム』(NHK出版)は、ちょっと待て、と注意を喚起する。私たちは「デジタル」という専制君主に率いられた、新...
別窓で開く

「LINE個人情報管理問題」スクープの内幕〜朝日新聞・峯村健司に訊く
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月31日放送)に朝日新聞編集委員で元北京・ワシントン特派員の峯村健司が出演。3月17日に「LINEの個人情報管理に不備」という記事をスクープした峯村氏にその内幕を訊いた。...
別窓で開く

9年かけて養子縁組した娘と飛行機に乗った夫婦 客室乗務員と乗客の“神対応”に感動
 飛行機ではしばしば、客室乗務員が乗客に小さなサプライズをすることがあるが、海外では養子縁組をした夫婦が客室乗務員の計らいで乗客から祝福を受けた。 アメリカ・コロラド州からカリフォルニア州に向かう飛行機の中で、養子縁組をしたばかりの33歳の男性と35歳の女性の夫婦が乗客から祝福されたと、海外ニュース...
別窓で開く


<前へ1次へ>