本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



GAFAは分割されるかもしれない?! アメリカ「反独占」の歴史から紐解く!
格差拡大、世界経済停滞の原因はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック=現メタ、アマゾン)なのか。巨大グローバル企業による独占と寡占が進んだ結果、市場の競争原理と新規参入がはばまれ、イノベーションが妨げられたからだ——。...
別窓で開く

諸刃の剣を振りかざすアメリカとIT巨人GAFAM+Nとの戦い (3)
 先日行われたG7の財務省会合にて、「法人税の最低下限税率制定」と「デジタル課税の対象範囲の拡大」が合意されたが、続いて6月11日には、アメリカ議会下院議員の超党派グループによって、反トラスト法・改正案として5つの法案が提出された。...
別窓で開く

GAFAを反トラスト法違反で調査〜共同勢力にどこまでバイデン政権が踏み込めるのか
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月22日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。アメリカ司法省と連邦取引委員会(FTC)がGAFAを反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで調査しているというニュースについて解説した。...
別窓で開く

トランプ氏のツイッターアカウント凍結に「パーラー」排除〜独禁法に触れるGAFAの許されざる行為
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月13日放送)に数量政策学者で内閣官房参与の高橋洋一が出演。米クラフト国連大使の台湾訪問が中止となったニュースについて解説した。GAFAのロゴやアイコン GAFA売上に10%罰金=2020年12月15日 写真提供:共同通信社アメリカのクラフト国連...
別窓で開く

米司法省がグーグルを提訴〜トランプ政権の本当の狙い
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月21日放送)に自由民主党・参議院議員の青山繁晴が出演。米司法省がグーグルを独占禁止法違反の疑いで提訴したニュースについて解説した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>