本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岩田剛典さん訴求する「ブレンディ」スティックに感謝の声 価格競争から抜け出して圧倒的なシェアを握る理由
 2002年に発売開始し右肩上がりの成長を遂げている味の素AGF社の「ブレンディ」スティックは、スティックカテゴリーのパイオニアで約5割弱のトップシェアを握る。 取材に応じた星俊平さんは「増量や価格ではなく、生活者とのつながりを強化すべく種をまいてきたことの効果がだんだん現れてきている」と語る。...
別窓で開く

「ブレンディ」「ちょっと贅沢な珈琲店」でココロあたたまる活動 メッセージ付き商品に感謝の声 味の素AGF
味の素AGF社は、コーヒーをはじめとする嗜好品で「ココロの健康」に踏み込んだ商品展開やマーケティング活動を強化していく。コロナ禍によるライフスタイルの変化が背景。外出自粛などでストレスや不安が増大し、生活の充実を求める行動が顕著になったと同社はみている。「ブレンディ」スティックや「ちょっと贅沢な珈琲...
別窓で開く

新生活にほっと一息 「ブレンディ」スティックの交通広告 トーストに合わせ選べる14フレーバー紹介
AGFはコロナ禍を受けて「生活者の心と体の健康、特に心の健康に焦点を合わせ、すべての商品開発とコミュニケーション戦略をRest(休息)・Relaxation(安らぎ)・Refreshment(気分一新)の3Rに集中することで、ストレスや不安の多い今の社会生活に少しでも潤いと活力を提供していく」(品田...
別窓で開く

心と心をつなぐ「ブレンディ」スティック “なかなか会えない”に寄り添い「#温もりバトンレター」 味の素AGF
味の素AGFは、コロナ禍を受けて、生活者の心と体の健康に焦点を合わせてすべての商品開発とコミュニケーション戦略をRest(休息)・Relaxation(安らぎ)・Refreshment(気分一新)の3Rに集中することでストレスや不安の多い今の社会生活に少しでも潤いと活力を提供していくことを方針に掲げ...
別窓で開く

緊急事態宣言で大打撃のコーヒー市場 「成長へ最大のチャンス」味の素AGF品田社長
2020年国内コーヒー消費量は、4月の緊急事態宣言発令のタイミングで大きく落ち込み、トータルで前年比5%前後のマイナスとみられる。コーヒー市場の中で、家庭用は巣ごもり需要や在宅勤務の増加などで4%程度の微増となる一方、同市場の過半のボリュームを占める外食・業務用などの家庭外が2割弱落ち込んだ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>