本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国、視聴者数でも健闘=イングランド戦は2000万人—W杯サッカー
 【ニューヨーク時事】サッカーのワールドカップ(W杯)に2大会ぶりに出場した米国が、国内のテレビ中継でも「健闘」している。1次リーグは感謝祭の時期とも重なり、米国戦は過去にない視聴者数を記録。カナダ、メキシコとの共催が決まっている2026年大会を控え、サッカーへの関心の高まりを示している。...
別窓で開く

「日本のファンは気品を見せた」コスタリカに敗れた後もゴミ拾いする姿に海外メディア称賛「勝っても負けても、やるのだ」【W杯】
 現地時間11月27日、日本代表はカタール・ワールドカップのグループステージ第2戦でコスタリカと戦い、0−1の敗北を喫した。ポゼッションでは優位に立ち、攻め続けながらも1点が遠く、後半に唯一、相手に許したシュートで失点。初戦ドイツ戦快勝の勢いを失うような黒星を喫した。 スタンドで声援を送ったファンも...
別窓で開く

33歳男が母親を殺害、血の付いた遺体と277枚写真撮影 判決には不満の声も
殺人犯の行動は一般人には理解し難いことばかりだろうが、海外では母親を殺害し、その後あり得ない行動をとった男がいる。 アメリカ・ペンシルベニア州で現在33歳の男が当時67歳の母親を殺害。殺害後、母親の遺体と共に写真を撮ったと海外ニュースサイト『New York Post』と『Fox News』、『La...
別窓で開く

メキシコの世界遺産に無断で登り歓喜のポーズ 無作法な観光客に大バッシング
新型コロナウイルスのパンデミックを経て、世界各地の名所には観光客が戻ってきているという。そんななかメキシコ・ユカタン半島にある有名な世界遺産「チチェン・イッツァ」では、その階段を観光客が登ってしまった。アメリカの『Fox13 News』『NEW YORK POST』などが伝えたほか、ツイッターにも多...
別窓で開く

「(フットボールではなく)サッカーっていうんだよ」 W杯アメリカ応援団の掛け声が話題
日本語の“サッカー”は、アメリカでは“soccer(サッカー)”ですが、イギリスだと“football(フットボール)”になります。ちなみに“football”はアメリカでは“アメリカンフットボール”という意味になります。FIFAワールドカップカタール2022の試合を観戦に訪れたアメリカ応援団の掛け...
別窓で開く

スタッフは逃亡!? トイレは水漏れ…。 大会が始まってもファン宿泊施設に利用者からの不満は止まず「最悪の惨事だ」【W杯】
開幕から約1週間が経過し、史上で初めての中東開催となったカタール・ワールドカップ(W杯)は、盛り上がりが日増しに高まっている。「史上最もコンパクトなW杯」というコンセプトをかかげた今大会は、移動負担の緩和などポジティブな要素は少なくない。一方で続々と各国サポーターの入国が進むなかでは、さまざまな問題...
別窓で開く

“アルゼンチン撃破”のサウジアラビア代表に、皇太子が約7000万円の高級新車を進呈と報道! 海外メディアも驚愕【W杯】
 現地時間11月22日に行なわれた、カタール・ワールドカップのグループC第1戦で、サウジアラビアはアルゼンチンを2−1で撃破。“W杯史上最大のサプライズ”と世界を沸かせた歴史的大金星に、母国では翌日から3日間が急遽祝日になるなど、大きな反響となっている。 そして快挙を成し遂げ...
別窓で開く

炎上続きの日本一周企画を終えた13歳のYouTuber・ゆたぼん、「強いヤツと戦わへんと意味ない」来年1月のボクシング対戦相手は“格上”の中学2年生だった!
ボクシングの試合に出場することを表明したゆたぼん(本人のTwitterより) 炎上続きの日本一周企画を終えた13歳のユーチューバーで少年革命家の■ゆたぼんが、新たな挑戦を表明した。...
別窓で開く

米共和党にある「猛烈なトランプおろし」 それでも党の次期大統領候補はトランプ氏?
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のアメリカ政治と日本との関係について解説した。【トランプ米大統領来日】羽田空港に到着し、ヘリから降りて大統領専用機へ向かうために傘を受け取るトランプ米大統領=2019年5月28日午後、羽田空...
別窓で開く