本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



利下げは7月以降か 米「FOMC議事要旨」公表
経済アナリストのジョセフ・クラフトが2月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。FRBが公表した1月開催のFOMC議事要旨について解説した。※画像はイメージです尚早な利下げに懸念を示すFRB飯田)1月開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表されました。早期の利下...
別窓で開く

3月の利下げはなく、CPIの数字に一喜一憂する日々がまた続く米市場
双日総合研究所チーフエコノミストの吉崎達彦が2月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。1月の米消費者物価指数について解説した。※画像はイメージです1月の米消費者物価3.1%上昇、市場予想を上回る米労働省が2月13日に発表した1月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年同月...
別窓で開く

まずは2月2日の米国株の値動きから振り返ってみよう。市場の注目だったアメリカの1月雇用統計(非農業部門雇用者数)は+35.3万人と、予想+18.5万人や昨年12月の+21.4万人を大きく上回った。また、1月の失業率は3.7%で昨年12月と同水準ながら、平均時給は前月比+0.6%、前年比+4.5%と予...
別窓で開く

米FRB 政策金利据え置き 日米の金利差が縮まり「円高」傾向へ
作家で自由民主党・参議院議員の青山繁晴と政治ジャーナリストの田撝郎が2月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米FRBの政策について解説した。※画像はイメージです米FRBのパウエル議長、4会合連続で政策金利の据え置きを発表アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB...
別窓で開く

ニューヨーク(NY)金先物市場が再び騰勢を強めている。2023年12月3日に一時1トロイオンス=2152ドル台(2月限)と史上最高値をつけた後は一服していた金だが、いつ再び大きく上昇してもおかしくない。2024年も金は史上最高値更新へ直近反発のきっかけとなったのは、やはり2023年12月12〜13日...
別窓で開く

日銀、ゼロ金利解除はいつになるのか?外為オンライン・佐藤正和氏
 いよいよ、日本銀行がマイナス金利からゼロ金利へ転換するのではないか……、そんな期待が高まっている。最近は、メディアでも「金利のある世界」というフレーズがしばしば聞かれる。日本の金融市場もやっと「正常化」が話題にできる時代が訪れようとしているわけだが、世界的には依然としてウクライナやイスラエルで戦闘...
別窓で開く

アメリカの長期金利はすでに歴史的転換をしたかもしれない。同国の長期金利が10月半ばにかけて急速に上昇基調を強め、10年債の利回りが一気に5%の大台に乗せるに至ったのは記憶に新しい。だが、その後は上下を繰り返しながらも長期金利は徐々に落ち着き、直近では4%を割り込んでいる。FRBは金融政策を誤った改め...
別窓で開く

12月12〜13日に開催されたFOMC(アメリカ連邦公開市場委員会)では、政策金利は市場の予想どおり据え置かれた。前回までと今回の大きな違いをひとことで言えば、ジェローム・パウエルFRB(連邦準備制度理事会)議長がハト派方向へ姿勢を転じつつあることが明確になったことだ。わずか1カ月余でFRB豹変、利...
別窓で開く

FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)による早期利下げ期待が高まっている。10月末までは、FRBの政策への不透明感などから、同国の長期金利は大きく上昇していた。だが、10月31日〜11月1日のFOMC(連邦公開市場委員会)でパウエル議長が追加利上げのトーンを和らげたと受け止められたことなどで、長期金利...
別窓で開く

米FOMC(23年11月)−予想通り、2会合連続で政策金利を据え置き。追加利上げの可能性は残す
(写真はイメージです/PIXTA)米国で10月31日-11月1日(現地時間)、連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されました。「景気判断」では経済活動に上方修正がなされた一方で、フォワードガイダンスには変更がありませんでした。本稿ではニッセイ基礎研究所の窪谷浩氏が、今回のFOMCの内容から米国経済の...
別窓で開く


[ fomc frb パウエル frb ] の関連キーワード

fomc frb cpi