本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



当初、2023年の日本株について、市場関係者の大半の意見は「前半調整」だった。それを裏付けるように、大発会の日経平均株価は前年末比377円安で始まった。だが、ここ10年マイナスで始まった大発会の年は、結局年足では陽線となっている。逆に741円高で歓喜した2018年は大幅安となった。また、510円高だ...
別窓で開く

どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!■東京株式市場 上値の重い展開か 米国の長期金利の低下→円高進行は懸念材料東京株式市場見通し(2月6日〜10日)日経平均株価予想レンジ:2万7000円〜2万7800円2023年2月3日(金)終値 2万7509円46銭今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値の...
別窓で開く

米FRB、当面利上げ継続へ=雇用統計で早期停止観測後退
 【ワシントン時事】3日公表された1月の米雇用統計では、失業率が3.4%と、1969年5月以来約53年ぶりの低水準を記録した。景気動向を反映する非農業部門の就業者数も前月比51万7000人増と、伸びが市場予想の3倍近くとなり、米労働市場の著しい強さが改めて示された。市場では、連邦準備制度理事会(FR...
別窓で開く

 【ロンドン時事】2日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受けて円買い・ドル売りが進んだ海外市場の流れを引き継ぎ、1ドル=128円台後半に上昇した。正午現在は128円70〜80銭と、前日午後4時比50銭の円高・ドル安。 【時事通信社】...
別窓で開く

アメリカ株の市場が堅調な値動きを見せている。代表的なS&P500種指数は昨年10〜12月の企業決算をこなしてジリ高となり、同12月を超えて上昇している(2月1日現在)。焦点とされていた企業決算はまちまちで、同10〜12月の企業利益は前年比で減少しているが、ほぼ想定内と受け止められている。2月...
別窓で開く

パウエル議長「ハト派変身」にウォール街、株高・債権高・円高で歓迎! エコノミストが指摘...「賃金インフレが爆弾」「FRBと市場の対立、日銀に飛び火」
「タカ派」と警戒されていたパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長から「ディスインフレ」という言葉まで飛び出し、ウォール街は狂喜乱舞した。2023年2月1日まで開かれたFOMC(米連邦公開市場委員会)で、0.25%の小幅な利上げを決めた。これは市場の予想通りだっただけに、関心は会合後のパウエル氏の...
別窓で開く

 【ロンドン時事】2日朝のロンドン外国為替市場の円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受けて円買い・ドル売りが進んだ海外市場の流れを引き継ぎ、1ドル=128円台後半に上昇した。午前9時現在は128円80〜90銭と、前日午後4時比40銭の円高・ドル安。 【時事通信社】...
別窓で開く

 2日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=128円台に急伸した。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見を受け、市場で米国の積極的な利上げ姿勢が和らいだとの見方が広がり、円買い・ドル売りが進んだ。午前11時現在は128円59〜61銭と前日比1円...
別窓で開く

 【ワシントン=田中宏幸】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利を0・25%引き上げることを決めた。インフレ(物価上昇)の勢いがやや鈍化したことを踏まえ、利上げ幅を2会合連続で縮小し、通常のペースに戻す。利上げを当面の間、続ける姿勢は維持...
別窓で開く

利上げ幅、0.25%に縮小=米FRB、さらに2回引き上げも—インフレ低下の初期段階に
 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き上げることを決めた。利上げ幅を前回の0.5%から縮小した。上げ幅の縮小は2会合連続。高インフレに低下の兆しが見受けられるものの、利上げ継続の方針を示した。...
別窓で開く


[ fomc ] の関連キーワード

ウォール街 ロンドン パウエル frb