本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スタレビ、東西あわせて108曲 大阪城ホール“6時間”公演を完走
2021年に40周年を迎えたバンド、スターダスト☆レビューが6月11日、『スタ☆レビ40周年 東西あわせて108曲 煩悩ライブ』の大阪公演を開催した。6月4日に行った、さいたまスーパーアリーナ公演に続いて、大阪城ホールでも計59曲を8500人のファンを前に披露した。 13時すぎ。...
別窓で開く

スターダスト☆レビュー、6時間越えの40周年記念ライブ大阪公演オフィシャルレポート
スターダスト☆レビューが、デビュー40周年記念ライブ『スタ☆レビ40周年 東西あわせて108曲 煩悩ライブ』の大阪公演を6月11日に大阪・大阪城ホールで開催。そのオフィシャルレポートが到着した。6月4日に行った埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演に続いて、大阪公演でも計59曲を披露。...
別窓で開く

『パリピ孔明』の英子&七海が大塚 愛、TRFらの名曲をカバー 歌ってみた動画を本日より2夜連続公開
TVアニメ『パリピ孔明』の月見英子と久遠七海による歌ってみた動画『「パリピ孔明」Ver.MUSIC VIDEO』が、本日5月26日より2夜連続で公開される。同アニメは、三国志の英雄にして天才軍師である諸葛孔明が渋谷に転生し、そこで出会った駆け出しのアーティスト・英子の夢を叶えるため軍師として、英子と...
別窓で開く

スターダスト☆レビューが史上最長・最多公演の40周年ツアー完走「あらためてほんとにほんとにありがとう!」
スターダスト☆レビューが、40周年ライブツアー『「年中模索」 〜しばらくは、コール&ノーレスポンスで〜』のファイナル公演を5月21日に宮城・仙台サンプラザホールで開催した。昨年1月よりスタートした本ツアーは全部で102公演が行われ、バンド史上最長期間にして最多公演数となった。...
別窓で開く

『パリピ孔明』頭から離れない「チキチキバンバン」の中毒性 見たらハマる“孔明の罠”とは
4月より放送中のテレビアニメ『パリピ孔明』(TOKYO MX/毎週火曜23時ほか)のオープニング「チキチキバンバン」が大きな話題を呼んでいる。YouTubeで公開されたノンテロップオープニング映像は約1ヵ月半で再生回数750万を突破(2022年5月18日現在)しており、「中毒性がヤバすぎる、これが孔...
別窓で開く

目覚めるとベッドで寄り添って眠る見知らぬ犬に「なぜ?」混乱する夫婦(米)<動画あり>
1年前に英ウェールズで酔った勢いで見知らぬ犬を自宅に連れ込み、翌朝になってベッドで眠る犬に驚いた女性が話題になったが、今度はアメリカに住む夫婦が朝目覚めると、全く見覚えのない犬がベッドで寝ており2人とも混乱したという。『Stoke Sentinel』『The Washington Post』などが伝...
別窓で開く

宇多田ヒカル コーチェラ・フェスにて初フェスパフォーマンス ステージで披露した新曲「T」を含む記念EP『Head In The Clouds Forever』本日配信スタート
宇多田ヒカルがコーチェラ・フェスの88rising <Head in the Clouds Forever>ステージにて初のフェスパフォーマンスを披露した。そこで演奏された新曲「T」を含む記念EP『Head In The Clouds Forever』が本日配信スタートとなった。...
別窓で開く

大学卒業式「心に響く学長の挨拶」はコレ! 会社ウォッチ編集部が独断で選ぶ珠玉の言葉の数々【2:とらわれない視点編】
2022年3月、多くの大学で卒業式が行われて、卒業生たちが巣立っていった。コロナ禍、ウクライナ危機という未曽有の歴史の大転換のさなか、それぞれの大学の学長・総長たちは、社会の荒波に飛び込んでいった教え子たちにどんな激励のエールを贈ったのか。どう社会と向き合い、どうやって生きていくか。教え子たちを思う...
別窓で開く

労働市場における“生命は必ず道を見つける(Life finds a way)”ってこういうこと 「生命が進化するように労働環境も進化していくもの」「オフィス勤務か在宅勤務か労働者が選べるのがベスト」
映画『ジュラシック・パーク』の有名なセリフのひとつに、イアン・マルコム博士の“生命は必ず道を見つける(Life finds a way)”というものがあります。https://twitter.com/JurassicWorld/status/606984266602442752労働市場における問題な...
別窓で開く

8時間の空の旅で乗客は自分だけだった男性「今までで一番快適なフライトだった」(英)
今月10日、TikTokユーザーの男性が「乗った飛行機で乗客が自分だけだった」と明かして話題を呼んだ。動画には誰も座っていない機内の様子が映っており、男性は好きなシートを使って簡易ベッドを作るなど自由に寛いでいた。そのレア体験の詳細を『The Mirror』などが伝えている。...
別窓で開く



<前へ123次へ>