本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



引退のミケル氏、チェルシー加入は「人生最高の決断だった」…マンUとの移籍騒動を回顧
先日に現役引退を発表した元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル氏が、2006年のチェルシー移籍を振り返った。4日にイギリスメディア『BBC』がコメントを伝えた。 現在35歳のミケル氏は、ノルウェーのリンでキャリアをスタート。18歳になった1週間後の2005年4月29日、マンチェスター・Uが200...
別窓で開く

2030年W杯開催国候補にウクライナも加わる? ゼレンスキー大統領も同意済みでスペイン&ポルトガルと3か国共催か
2030年のワールドカップ開催国候補に、ウクライナの名前も挙がったようだ。4日、フランスメディア『RMCスポーツ』が、イギリス紙『タイムズ』の情報を引用して伝えている。 報道によると、スペインとポルトガルは2030年のワールドカップ共催に向けて動いていたが、そこにウクライナも加えた3か国での開催を検...
別窓で開く

三浦知良、29年ぶりにドーハへ「絶望的な気持ちで飛行機に…」W杯で再訪問、日本代表の鎌田大地にもエール
鈴鹿ポイントゲッターズに所属するプロサッカー選手の三浦知良が3日、都内で開催された「ハイセンスがFIFAワールドカップを面白くするプロジェクト発表会」に出席した。 中国の総合家電ブランドのハイセンスは「FIFAワールドカップカタール2022」の公式スポンサーを務める。...
別窓で開く

W杯出場へ黄信号…スペイン代表FWジェラール・モレノが最大1カ月の再離脱
ビジャレアルのスペイン代表FWジェラール・モレノは、現在抱える負傷の回復が思うように進まず、3〜4週間の再離脱が決まったようだ。3日、スペイン紙『マルカ』が報じている。 9月11日のベティス戦で左足のハムストリングを痛めたG・モレノは、本来だと今週中にもビジャレアルの全体練習に合流する予定だったとい...
別窓で開く

日本代表のW杯キャンプ地は「ホーム感」を重視…至れり尽くせりの練習拠点を詳しく紹介
 「どこか、夢フィに近いと感じませんか?」  「夢フィ」とは、千葉市にある日本代表の練習拠点「高円宮記念JFA夢フィールド」のこと。発言の主は、日本サッカー協会の担当者。そして、場所はと言えば、11月にワールドカップ(W杯)が開幕...
別窓で開く

【追悼再録】あのアリ戦から40年! 猪木は今、何を思うのか... 「もう一回やってしっかり勝負つけたいね、ということにしようか」
「燃える闘魂」逝く...。週刊プレイボーイ誌上にて人生相談のコラム「風車の如く」を連載するなど、 週プレが追いかけ続けたスーパースター、アントニオ猪木さんが10月1日に亡くなった。週プレNEWSでは追悼の意を表して、2016年5月29日に配信した猪木さんのインタビュー記事の<後編>を再配信する。...
別窓で開く

【追悼再録】あのアリ戦から40年! 猪木自身が独白する舞台裏 「うぬぼれ、強かったからね。俺こそ世界一だと思っていた」
「燃える闘魂」逝く...。週刊プレイボーイ誌上にて人生相談のコラム「風車の如く」を連載するなど、週プレが追いかけ続けたスーパースター、アントニオ猪木さんが10月1日に亡くなった。週プレNEWSでは追悼の意を表して、2016年5月28日に配信した猪木さんのインタビュー記事の<前編>を再配信する。...
別窓で開く

観客席に催涙弾、被害拡大か=サッカー場暴動、解明チーム設置—インドネシア
 【ジャカルタ時事】インドネシア東ジャワ州マランのサッカー・スタジアムで125人が犠牲となった暴動事件は、世界のサッカー史に残る悲劇となった。国内では、国際連盟(FIFA)の規定で禁じられている催涙弾を使用した警察や、収容定員を上回るチケットを販売した実行委員会に批判が集中。観客席にも催涙弾が発射さ...
別窓で開く

125人死亡のインドネシアサッカー暴動 観客マナーは「怒ると止まらない」過去に所属の松永氏
インドネシア東ジャワ州マランのサッカー場で、同国1部「リーガ1」のリーグ戦後に125人が死亡した暴動を受け、11年から20年まで同国6チームでプレーした松永祥兵さん(33)が3日、国内のサッカー事情や国民性を明かした。「事故というかサポーターが亡くなることは毎シーズン頻繁に起きます。...
別窓で開く

母国クラブ退団確実のL・スアレス、新天地はMLS?…複数クラブとすでに交渉中か
ナシオナル所属のウルグアイ代表FWルイス・スアレスにメジャーリーグ・サッカー(MLS)行きの可能性が浮上しているようだ。10月2日、スペイン紙『アス』が伝えている。 昨シーズン限りでアトレティコ・マドリードを退団し、今夏フリーで母国の古巣ナシオナルに加入したL・スアレス。...
別窓で開く